09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

2011年に出会ったこと その2 

2011年を振り返った時、東日本大震災がいかに大きかったかを思い知らされます。
私自身も恐い思いをしましたし、地震や原発への不安は今でも拭えません。
自分が無理をしないでできることは、節電とチャリティへの協力だろうと思っています。微力でも、続けていきたいことです。

大震災直後は、多くの演劇や音楽の公演が中止になりました。
福島の原発事故が報道されると、多くの外国人が日本を脱出したり、来日をキャンセルし始めました。
無理もない、と思います。もしも私がその立場だったら、同じことをするだろう、とも思います。

その一方で、予定どおり、あるいは予定を変更してでも、日本にやって来た人たちがいました。
たとえリスクが大きくても、日本のために今できることをしよう、と覚悟を決め、周囲の反対を押し切り、海を渡って来てくれた人たち。
心から、ありがとう、と申し上げたいです。

その中でも特に忘れられない人、マテ・カマラスシルヴィ・ギエム
お二人は、公演のために何カ月も日本に滞在し、被災地も訪問しています。


マテはミュージカル「MITSUKO」で、とうこさん演じるミツコの夫ハインリッヒを演じました。
まだ混乱が残る4月に来日して稽古に入り、台詞も歌も日本語という初めての挑戦を成し遂げたんですよね。
マテが船に乗って登場するシーン、希望に目を輝かせながら歌う「西と東」が好きでした。
「♪たおやかな海 霞む山並み 私を迎えて微笑み浮かべている 出会う運命 日本 美しい国♪」
マテの温かい声でこの歌詞を聴くたび、じんわり涙が浮かんでいた私です(泣くの早過ぎ・笑)。

もう会える機会はなかなかないだろうと思っていたら、来年の東宝「エリザベート」にトート役(トリプルキャスト)ですって!(笑)。
今度も日本語なのかな。トートはドイツ語で歌ったほうが迫力あってカッコいいと思うけどなー。まあ何でもいいです(笑)、彼に会えるなら。
マテ~、帝劇へ観に行きますよ!


ギエムは「100年に1人のバレリーナ」と称されるほどの踊り手。
来日回数は多く、日本にもたくさんのファンがいます。クラシックバレエ作品はもう極めたという感じなのでしょうか、最近は新しい舞踊表現を求めて、気鋭の振付師とコラボしています。
秋の日本ツアーは、震災前から計画されていました。
ギエムは「HOPE JAPAN」と銘打ち、被災地での無償公演を強く希望して、盛岡市といわき市を加えたそうです。

ツアーの初日は10月19日、東京でのチャリティ・ガラ。
会社を早退して観に行きました。このガラ公演を、私はおそらく一生忘れないと思います。
ギエムは最後に、ベジャール振付の「ボレロ」を踊りました。
ボレロについてはジョルジュ・ドンの思い出も絡まって思い入れが深過ぎ、書き切れないのですが。
とにかく、感激のあまり息が苦しくなったほど。もう観られないだろうと思っていたから。
ギエムがボレロの封印を解いた理由の一つに、「日本を心から愛したベジャールの魂を連れて来るため」と語っていたのも嬉しかった。

復興への祈りをこめて踊る、という言葉のとおり。
ギエムは女神のようであり、巫女のようでもありました。
猛々しい男神を鎮め、気力を失った人々に「立ち上がれ!」と呼びかけるように。
美しく優しく凛々しく力強く、エネルギーに満ち溢れていました。

会場ではチャリティグッズが販売されていました。ガラ公演のチケット代やグッズ販売の収益は、被災地に寄付されます。
私はTシャツとトートバッグを購入しました。
ギエムの手書きメッセージ(フランス語)とサインがプリントされているんです。

photo01.jpg

  2011年3月11日
  私は遠くにいて、無力でした。
  それでも私は皆さんとともに、ここにいました。
  今そうであるように・・・
  そして明日もそうであるように・・・

ありがとう、シルヴィ。あなたの気持ちは忘れません。また日本に来て下さいね。


2011年は世界的にも激動の年でした。
新しい年は平穏でありますように。そう願うばかりです。

私自身も、仕事上とか家族のこととか問題山積で、何度も頭を抱えました。
そのたびに、音楽や演劇からパワーをもらっていた気がします。
来年はちょっと遠出はできなくなりそうですが、どこかの劇場や音楽ホールには足を運ぶつもりです。
ライブのパワーをたっぷり浴びて、私からも舞台上に拍手喝采を送って、エネルギーの好循環に参加しますよ~。

長いブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。
  
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 日々雑感

テーマ: 今日のつぶやき - ジャンル: 日記

タグ: マテ・カマラス  シルヴィ・ギエム 

[edit]

« 新年のご挨拶  |  2011年に出会ったこと その1 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://natsukusa109.blog87.fc2.com/tb.php/98-cfc4930b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。