05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

D☆D「TANGO」とナツメさん 

もう1週間以上経ってしまいましたが、忘れないように書き留めておきます。

11月26日(土)、銀河劇場で、DIAMOND☆DOGSの「TANGO DokiDoki」を観て来ました。

出演:D☆D(東山義久、森新吾、小寺利光、中塚晧平、和田泰右、咲山類、TAKA)
ゲスト:安寿ミラ、香寿たつき
演奏:アストロリコ
構成・演出:荻田浩一

リーダーの東山君のことは知っていましたが、ダイアモンドドッグスのステージを観たのは初めて。ダンサー5名、ボーカル2名のユニットなんですね。
ダンサーも歌うし、ボーカルも踊る。カッコいい若者たち7名のパフォーマンスは華麗で見応えありました。
そして、タンゴアンサンブル(バンドネオン、コントラバス、ピアノ、バイオリン)アストロリコさんの演奏が素晴らしかった! 好きなんです、ピアソラのタンゴ。もう~ゾクゾクしました。

ゲストのヤンさんとタータン、意外に(笑)出番は多かったかな。
アサヒコムに載っていたインタビューでは、こんなに踊ると思わなかったとか、若者たちについていくのが大変とか、後ろのほうで踊っていたいとか、二人ともちょっと弱音を吐いてらっしゃいましたが(笑)。
パンツスーツで踊る時なんてカッコよかったですよ~。表情が凛々しい!

パンフを読むと、D☆DとアストロリコによるTANGOシリーズ、今回が第4弾にしてファイナルなのだそうです。歴代ゲストには、大浦みずきさん、樹里咲穂さんのお名前も。
ファイナルの曲目は、これまでの名ナンバーを中心に構成されたようですね。

長くなるのでたたみます。(追記へ続く) 
第1部は、荻ちゃんらしい(笑)曖昧なストーリー仕立てのショー。台詞はなく、音楽とダンスで展開していきます。
最初に「ラビアンローズ」が流れて、あらシャンソン?と思ったら、ここはパリという設定のよう。

一人の女(香寿)が若い恋人(中塚)と幸せに暮らしているところへ、ブエノスアイレスにいる旧友(安寿)から手紙が届く。彼女は一人の謎の男(東山)と出会い、タンゴの情熱と闇の世界に囚われてしまっていた。旧友のあとを追う女もまた、闇の誘惑に囚われていく。

そんな感じだったかな。パリの恋人の中塚君が爽やかで、闇の男の東山君が妖しい魅力にあふれて素敵だった~。
中塚君ってどこかで観たようなと思ったら、TSの「眠れぬ雪獅子」にも出ていたんですね。長身で伸びやかなダンスが目を引きます。
タータンは青いドレスにヒール。ヤンさんは赤いドレスに裸足で、狂気を漂わせていました。

第2部は、歌と踊りのタンゴショー。
演奏もダンスも歌も照明も、美しい。ヤンさんとタータンは、モノトーンのパンツスタイル。
タンゴと言えば、男女のカップルが情熱的に踊るイメージですが、そういう振付はなし。カッコいい姉御と美青年たちがスタイリッシュに踊る。新しいダンスという感じですね。

でも、音楽はタンゴなんです。哀しくて優しくて懐かしくて、胸の奥がキュンと痛くなるような調べ。
古き佳きものと、若々しい息吹との融合。それが、アストロリコとD☆Dによるタンゴショーの魅力なのかなと思いました。

途中にトークコーナーがあって、D☆Dメンバーのお茶目な面がちょっと見られて面白かった。
アストロリコのバイオリニストの麻場さん、弾いている時はカッコいいのに、話し出すと”大阪のおばちゃん”になっちゃう(笑)。場内爆笑でした。


タータンが歌った「バーモス・ニーナ」という曲が強く印象に残って、ネットで検索してみたら、ナツメ(大浦みずき)さんもよく歌われていたんですね。
 
ナツメさんが歌う映像もネットで見つけました。
食い入るように観てしまった。歌詞が違う。ファイナルは荻ちゃんの作詞だったのね。
2008年11月の銀河劇場って・・・。そうか! ナツメさんがD☆Dのタンゴシリーズにゲスト出演した時の映像なんだ! もしかして、それが最後の舞台だったのかしら。
ナツメさんがこの世を去られたのは、2009年11月だった・・・。

アストロリコの浪速のバイオリニスト(笑)麻場さんのブログを見つけました。
読んでいくと、ナツメさんについても触れてありました。深いご縁だったのですね。
そして、TANGOの公演は「安寿さん、香寿さん、D☆Dが大浦さんを偲んで心から捧げる曲」という言葉が。

ヤンさんとタータンは花組でナツメさんとご一緒だった。ナツメさんのことをとても尊敬して慕っていた、と聞いています。
D☆Dの東山君もブログやパンフで、ナツメさんへの尊敬と感謝の想いを記していました。

あぁ、そうだったのか。
TANGOシリーズのファイナルは、タンゴを愛した大浦みずきさんへのトリビュートでもあったのだ。
ナツメさん、客席でご覧になっていたかな。いや、もしかしたら舞台に立っていらしたかも。懐かしい仲間たちと一緒に、銀河劇場の舞台に。

本当に美しいステージでした。素敵な若者たちにも会えて楽しかった。観に行ってよかった。
 
 
11月26日、タータンのバースデーを狙って行ったのです。舞台上では特別なことはなかったけれど、開演前にサプライズがあったらしい。
何とD☆Dの小寺君も同じバースデーで、キャストやスタッフからダブルのお祝をしてもらったそうです。
麻場さんがブログに書いて下さっています。写真もたくさん。楽しそう~♪
麻場さんは以前、宝塚歌劇団オーケストラの団員だったとか! 下級生時代のヤンさんとタータンをご存じとは、ご縁があるんですねぇ。

麻場利華さんのブログはこちら→ チャオ、Ricaです!


そして、銀河劇場と言えば、楽しいバーコーナーがありますね。
タータンのバースデーをお祝して下さったとのこと。千秋楽の様子もブログに載ってます。
いつ見ても可愛いブログですよね。

モンチー君のブログはこちら→ 銀河劇場バーコーナー

私もバーコーナーに立ち寄りました。
モンチー君は北国へお出かけ中でしたが、お姉さんとちょっとお話できました。夏草ブログのことを覚えていて下さって嬉しかった。

photo06.jpg

サンドイッチとホット柚子ティーにしようかなと思ったけど、せっかくだから公演オリジナルドリンクを注文。
タータンの「Ruby Star」、ピンクグレープフルーツとグァバのジュース。すっきりした甘さで美味しかった。
劇場内は暖かかったので、冷たいジュースがちょうどよかった。

photo07.jpg


次に銀河劇場へ行くのは「ニジンスキー」かな。
チラシをもらいました。扮装したあすかちゃんが綺麗~。
東山君は妖しすぎる美しさ。彼のダンスは、指先から爪先まで神経が行き届いて、上半身の動きが独特ですね。眼差しに色気と凄味がある。
荻ちゃんとの相性もよさそう。楽しみです!
 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 演劇・ショー

テーマ: 観劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 香寿たつき  大浦みずき  東山義久 

[edit]

« I Love ラミン♪  |  「ほぼ日手帳」始める »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://natsukusa109.blog87.fc2.com/tb.php/93-6bf167f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。