07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

新訳「アントニーとクレオパトラ」 

book01.jpg

松岡和子さんによる新訳「アントニーとクレオパトラ」を読み終わりました。
とても読み易かった。舞台を観る前に読んでおいてよかったと思います。

学生時代に読んだ時(どなたの翻訳かは忘れた)、あまり面白いとは思えなかったんです。その理由を思い出しました。
主役の二人に魅力を感じなかった。アントニーはダメ男、クレオパトラは気まぐれな悪女、そんなふうに見えた。

今回ちゃんと読み返してみましたが、うーん・・・やっぱり、ダメ男と悪女のカップルに見える(笑)。悲劇というよりも喜劇のよう。二人が何だか滑稽に見えてしまいました。

でも、なかなか面白かった。
アントニーの台詞が吉田鋼太郎さんの声で聞こえてきて、愛すべき人物にも思えてきました。軍人としては英雄でも、恋に溺れて身を滅ぼすなんて人間臭いですね。

登場人物の中で1番面白いと思ったのは、アントニーの家臣イノバーバス。橋本じゅんさんが演じるんですよね。楽しみだな。
イノバーバスは、卑猥な隠喩をちりばめながらおちゃらけたように話しますが、いつも本当のことを言っているんです。
アントニーもクレオパトラも、イノバーバスの助言に耳を貸せばよかったのになぁ。そうしたら、歴史が変わっていたかもしれないのに(?)。

イノバーバスがローマの将校たちに、評判の美女クレオパトラのことを語って聞かせる場面。その長台詞が聞きもの。
それほどのいい女でもアントニーは手を切らねばなるまい、と言う将校に、イノバーバスはこう返します。

 「とんでもない! 切るものか。
  あの女は年を重ねても枯れしぼまず、無限の変化をみせるので、いくら一緒にいても飽きることがない」

クレオパトラの魅力をうまく言い表している気がします。どんな美女も3日見れば飽きる、と言いますから。美しいだけではいつか飽きられてしまう。
無限の変化をみせて相手を翻弄する、絶世の美女。そんな人に魅入られたら、誰でもお手上げですね(笑)。

アントニーは割と単純そうだけれど(笑)、クレオパトラは多面的で複雑なキャラクターに見えます。
「悪女」のイメージも、ローマ側から見ればそう見えますが、エジプト側から見れば「麗しき我が女王様」。
言動がコロコロ変わるので、捉えどころがない感じがします。本心がわからない。読者まで翻弄される(笑)。
はたして、とうこ(安蘭けい)さんはどんなクレオパトラを見せてくれるでしょうか。


そして、蜷川幸雄さんがどのように演出されるのか、興味津々です。
蜷川さんの舞台をそれほど拝見しているわけではないですが、タータン(香寿たつき)が出演した時は観に行きました。どれも強烈な印象が残っています。

★2003年「リチャード三世」シェイクスピア。
主演の市村正親さんと夏木マリさんの対決が凄まじかった。オープニングは天井から馬やら豚やらいろんなものが降って来てビックリ。
★2006年「オレステス」ギリシャ悲劇。
主演の藤原竜也くんは生傷が絶えなかったそう。痛々しくて助けてあげたかった。本物の水を使った、どしゃ降りのシーンにびっくり。
★2007年「コリオレイナス」シェイクスピア。
主演の唐沢寿明さんがカッコよかった。白石加代子さんのド迫力の存在感に圧倒された。巨大な鏡と大階段のセットにびっくり。
★2010年「ガラスの仮面~二人のヘレン」。音楽劇。
蜷川さんの舞台で役者さんたちが歌うのを初めて聴いた。面白かった~。劇中劇の「奇跡の人」が素晴らしかった。タータンのサリバン先生よかったなぁ。

蜷川さんの演出には、セットも含めてびっくりさせられることが多かったな。
今回はどんな感じでしょうね。クレオパトラの宮殿とか霊廟とか、舞台美術も楽しみ。
場面の数が多くて、ローマやアレクサンドリアや戦場へあっちこっちに飛びますが、どんな演出をなさるのか楽しみです。
 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: アントニーとクレオパトラ

テーマ: 演劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  香寿たつき  蜷川幸雄  アントニーとクレオパトラ 

[edit]

« 舞台版「キネマの天地」  |  1年前の薬師寺 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://natsukusa109.blog87.fc2.com/tb.php/75-d9271a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。