06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

帰ってきました~♪ 

大阪から帰ってきました。もう胸がいっぱい。
思うようにツイートできませんでしたけど、少しは伝わりました?

ミュージカル「MITSUKO」素晴らしかった!!

このひとことで終わっちゃう(笑)。あとでもうちょっと書きますね。なるべくネタバレしないように。

もうひとこと。

マテさんのファンになりました!!

もちろん、とうこさんも最高に素敵でしたよ~。
でも、マテさんと目が合ってしまったの(はぁと)。なんて温かい眼差し。情感あふれる歌声(しかも全部日本語で)。スペシャルカテコでの、真心のこもったコメント。素晴らしい人だわ。


スペシャルカテコと言えば、小池先生の言動がいろいろと面白かったです。ちょっと興奮していらしたかも。
とうこさんが、小池先生のお稽古は細かいと言っていたその”細かさ”が垣間見られた気がします。

その一例を挙げると(小池先生すみません、こんなこと書いて。でも微笑ましかったので・笑)。
最後のカテコで、とうこさんの両脇にワイルドホーンさんと小池先生がいらして、ワイルドホーンさんはしきりにとうこさんに何か話しかけていたんです。
うしろに下がる時、小池先生はとうこさんの白いドレスの長い裾が気になってしかたがない様子。でも、とうこさんはワイルドホーンさんに気を取られている感じ。
小池先生、自分が踏まないように&とうこさんも踏まないように、かがんでドレスの裾を持ち上げては直し、また下がって直し。

これは私のただの想像ですけど、
「あっ、とうこ、裾が・・・」
「大丈夫ですよ、先生」
「いや、危ない、踏みそう」
「あら、すみません」

そんな会話が聞こえてきそうな(実際には聞こえてませんよ)お二人のやり取りが可笑しかったです。気づいたお客さんからも笑いが起きていました。

主演女優のドレスの長い裾を、人目も気にせず自らかがんで直してしまう演出家(笑)。だからこそ、ああいうきめ細かな演出ができるのでしょうか。
とうこさん、豪華なドレスの裾を踏まないように破かないようにお気をつけ下さいね。そして次回から、裾は自分で持ちましょうね(爆)。
 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: MITSUKO

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  マテ・カマラス  小池修一郎  MITSUKO 

[edit]

« MITSUKO舞台写真など  |  行ってきます! »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://natsukusa109.blog87.fc2.com/tb.php/49-3027ccf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。