05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

有楽町の「MITSUKO」に会う 

とうこさんは今、次回作品「MITSUKO」準備のため旅行中。ミツコさんゆかりの地を巡って、極寒の(!)ドイツ、チェコ、オーストリアを移動されているとのこと。
ミツコさんのお墓にお参りをした時、とうこさんは花を手向けて静かに涙を流していたそうです。
取材旅行をするうちに、深く感じるところがあったのでしょうね。


私もほんの少しミツコさんに想いを馳せたいと、有楽町阪急に行ってきました。
百貨店の壁面に広告ディスプレイが出ているんです。もう1ヶ月ほど前からですよね。遠目に見た時、これは絶対に写真を撮っておかなきゃと思い、やっと今日カメラに収めてきました。

信号待ちの間、通りの向かい側からパチリ。
4種類のポスターが6枚、ディスプレイされています。
S084


まず手前から。
おお、これが噂の”聖母”とうこさん!美しい~。
息子リヒャルト(Wキャスト)の肩を抱いてますね。凛とした中に慈愛を感じさせる表情。
息子さんも若くてハンサムだわ。なんて麗しい母子。思わず見惚れます。
撮った写真がやや傾いてしまったのは、私の手が感動のあまり震えたせい・・・かな(笑)。
S085


次は、ミツコのシルエットに、色鮮やかな日本扇。
どのポスターにも「歴史を生んだ女」というコピーが、縦書きで入っています。
S086


そして、5名のキャストの方々。
マテさん(ハインリッヒ)、AKANEさん(イダ)、増沢さん(成人リヒャルト)、辛さん(青年リヒャルト)、ジュリアンさん(青年リヒャルト)。
S090


それから、白いドレスのとうこさん。
レースが豪華ですよねぇ。白いドレスに扇がよく映える。
仮チラシのピンクのドレスよりも、表情が凛々しいですね。ミツコさんの意志の強さが表れてる感じがして、私はこちらのほうが好きだな。
S091


そして最後に、この2枚がドーンと並んでます。
道行く人々、最初は気づかず通り過ぎている感じですが、この2枚にはさすがに目を引かれるようでした。
S087

人通りが多いので、宣伝効果はありそうですね。
何人も足を止めていました。私がパチパチ写真を撮っていたせいもあるかもしれない(ジロジロ見られた)。
宣伝にひと役買ったかなー?(笑)。
 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: MITSUKO

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: MITSUKO  安蘭けい  ミュージカル  有楽町阪急 

[edit]

« ツイッターことはじめ  |  「11人いる!」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://natsukusa109.blog87.fc2.com/tb.php/29-c47a97b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。