05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

マテ・ファンミーティング1104 

11月4日、マテのファンミーティングに参加してきました。楽しかった~!!
やることなすこと可愛くてお茶目で、でも真面目で一生懸命で、てきぱきと仕切ったり、優しい心遣いをみせたり。舞台を降りたマテもすごくチャーミング。ますます惚れてしまった♪

げきぴあに詳しいレポートが載っています。
マテ独特の日本語がそのまま聞こえてくるような楽しいレポで、写真もたくさん。げきぴあさんありがとう! 是非ご覧下さ~い。
マテ・カマラスさんファンイベントレポート

1日4回の過密スケジュール、マテは基本的には同じ内容を4回話したのですね。お疲れさまでした。
でも、話の流れやファンからの質問によって、多少の違いはあったようです。
げきぴあさんが取材されたのは最終回(4回目)ですね。私は3回目に参加しました。
げきぴあさんのレポでは触れられていない話題を中心に、書き留めておきたいと思います。


げきぴあレポとの違い。まず、3回目では、マテは眼鏡をかけていませんでした(笑)。
サイン会やオフ写真で眼鏡姿を何度か見たことはありますが、伊達眼鏡なのかレンズに度が入っているのかはわかりません。
もし近眼だとしても、眼鏡なしでも支障がないくらいの軽度ということでしょうか。

それから、ドイツ語の通訳さんが傍についていました。
その方は村田さんとおっしゃるウィーン在住の女性で、日本の舞台に立ったご経験もあるそうです(と、フォロワーさんから情報をいただきました)。
昨年の「MITSUKO」からマテの通訳兼日本語指導をされているそうで、そのご縁からか、大変だった当時のお話を聞かせて下さいました。
今までも記事などで読んだことはあったのですが、直接マテ本人から、そしてマテの戦友とも呼べる村田さんから聞くと、なおさら胸に響きました。 
(追記へ続く)
ファンミ会場に入って来たマテは、ファンに挨拶をした後、お店の人に日本語で注文していました。
「グレープフルーツジュースをお願いします。氷なしで。水もください」。
そして傍らの村田さんに「きみは何を飲むんだい?」。ファンから笑いが。
村田さんがお水と答えると、「水を2つください」と注文。

マテが話す日本語は綺麗だなと思います。
丁寧語や「てにをは」がきちんと使えていてスゴイですよね。
どんどん上達して、もうカタコトのレベルではなくなりつつあるんじゃないでしょうか。


日本が大好きというマテ、その思いを語るうちに昨年の「MITSUKO」の話題になったのです。
当時のことをよくご存じの村田さんは、通訳というよりも友人として、マテと一緒に語って下さいました。
(要約の言葉はそのままではありません。私の思い入れも多少混じっています、たぶん・笑)

あの時は、3月14日に来日する予定だった。ところが11日に大震災が起きた。日本に行きたくても飛行機が飛ばない。日本は沈没するのではないかと言われるほどの大混乱だった。
そんな状況でも、日本のスタッフが「MITSUKO」を上演しようと頑張っていると聞いて感動した。自分も行かなくてはならないと思った。
家族にも友人にも猛反対された。母には泣かれた。それでも決意は変わらなかった。

日本に来るたびに「日本を愛してる」と言っているのに、日本が大変な時には行くのを取りやめるなんて、それは本物の愛じゃない。
「MITSUKO」のテーマは「愛は国境を越えて」。あの時期にやることに意義があると思った。

そう言ってマテは、「後ろを振り向かずに」をワンフレーズ歌ってくれました。
「頬を~♪」の高い音では声が出なくて、「今日はもう喋りすぎて喉が疲れましたー」なんて、みんなを笑わせて。

4月1日、ようやく日本に来ることができた。
来日が2週間遅れた影響は大きく、日本語を十分には理解できないまま稽古するしかなかった。
しかも、小池さんは書くのが遅くて台本ができていなかった(と言ったのは村田さん・笑)。
ハインリッヒの台詞はかなりカットされた。短い台詞でも滑らかに言うのは難しくて、何度も何度も繰り返し練習した。

あの大変な時期に、人々を励ますような「MITSUKO」に参加できたことを幸せに思う。
日本がどんどんよくなっていく時に再演があるといい。再演したい。

マテはそう言ってくれたのです! 私は涙が出そうになりました。
あの時はマテが日本に来てくれただけで嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいでした。
あらためて本人の口からその話を聞き、日本を想う「本物の愛」をひしひしと感じました。
マテ、ありがとう・・・。
かなりカットされたというハインリッヒの台詞を復活させ、ミツコとの場面をもっと膨らませて練り直し、ぜひ再演してほしいですね。


通訳の村田さんは、マテの日本語がすごく上手くなったと感心していました。
東宝エリザベートの初日を見届けてウィーンに戻り、ウィーン版エリザで久しぶりにマテと再会して、日本語の上達ぶりにびっくりしたのだそうです。マテは公演中もずっと日本語の勉強を続けていたんですよね。
彼はとても耳がいいので(天才的!という言葉を村田さんは使っていました)、ニュアンスの違いまで聴き取れる。もっと上手くなれると思う、と。

マテは照れながら「日本語ペラペラになりた~い」と言っていました。
そして、村田さんとは「MITSUKO」と「エリザベート」を一緒に稽古して友達になった、と。
「お世話になった彼女に、皆さん拍手をお願いします」。
マテのファンからも拍手を送られた村田さんは嬉しそう。日本語を話すマテがたまに言葉に詰まると助け船を出し、温かい眼差しで見守っていました。


ファンミはマテのトークだけでなく、ビデオ上映や写真撮影やサイン会と盛りだくさんでした。

ビデオはバースデーイベントの時と同じ、ミシュコルツにあるマテの実家から。素敵な母上が案内をして下さいます。
マテの母上は、バイクで小旅行に出かけるほどアクティブなのだそうです。愛用のバイクには、ファンから贈られたというマテの写真がドーンと貼ってありました(笑)。

そして、マテの愛猫が初登場。まるまるとして可愛い~。母上から餌をもらっていました。
マテは「猫の名前は○○」と教えてくれたのですが、私たちには聴き取れず。みんなが「?」という顔つきなので、もう一度発音してくれました。でも、日本人には聴き取りにくく発音しにくい名前だったなぁ。
猫ちゃんの鳴き声も真似して(笑)ご機嫌なマテ。猫好きなんだね。
「これから冬、もっと太る」って笑ってました。あのぅ、猫ちゃんと自分を重ねていないよ、ね?(笑)。


グループ写真撮影では、マテが写真屋さんのように(笑)仕切っていました。
人数を数えて、テーブルの「ここからここまで」とグループ分けしていきます。
「このテーブルは家族?」と確認していました。家族や友達が同じグループになるように、人数が均等になるように、ちゃんと考えていたみたいです。(でも、数え間違えちゃったんだよね。それがまた可愛い・笑)。
正面から見て、みんなの顔が隠れずに見えるかどうかも確認するマテ。
優しい心遣いがとても嬉しかった。

ウィーン版エリザの東京公演では日程がタイトでサイン会ができなかったから、と一人一人サインをしてくれました。しかも名前入りで!
マテはファンと目を合わせて「お名前は?」と聞き、「○○○?」と復唱して、さらさらっと”FOR ○○○ SAN”。
一度聴いただけでスペルが間違いなくわかるみたい。やっぱり耳がいいんですね。


今回のファンミーティングで、「MITSUKO」の話ともうひとつ、強く印象に残った話がありました。
それは、マテの”絵”に対する想いです。
げきぴあレポにも書かれているとおり、マテが個展を開きたいと願っていることを初めて知りました。

画家である父上からは絵の才能を、歌手を目指していた母上からは音楽の才能をもらったというマテ。
進路を決める17歳の時、ご両親は美術の道を勧めたけれど、既に舞台に立っていたマテは、音楽のほうを選んだのですね。
でも絵は描き続けていて、もう150点くらいある。その絵を見てもらいたいと思うようになった、と。

「絵を描いていると、亡くなった父のことを近くに感じられる」
「絵を描くことは、歌うことと同じくらい、自分にとって大事」
「日本は私にたくさんのことを与えてくれます。この日本で、初めての個展を開きたい。それが私の今の夢です」

マテの言葉に、ジンときました。
試みに作ったアートポストカードへの反応がよければ、個展の開催が現実的なものになるのだそうです。
「ポストカード、買って下さい。お願いします」
マテの笑顔に押しつけがましさはありません。でも、真剣なんだな、と感じました。

シアターオーブで見かけた時は買わなかったけれど、マテの話を聞いたら買っちゃいましたよ。アートポスカ4枚セット(笑)。
マテの夢を応援してあげたい、という気持ちが半分。
あと半分は、実物を見てみたいという気持ち。縮小印刷されたカードだけでは、絵はわからない。オリジナルのサイズや質感、タッチはどんな感じなのか。マテが実際に描いた絵と向き合ってみたいと思いました。

マテの個展が日本で開催されるように願っています。開かれたらもちろん見に行きますよ。
でも、歌も歌って下さいね~。私はやっぱりマテの声が好き。
年末年始のシアタークリエのコンサートを楽しみに待っています。
 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: マテ・カマラス

テーマ: 今日のつぶやき - ジャンル: 日記

タグ: マテ・カマラス 

[edit]

« 祝!「アリス・イン・ワンダーランド」初日  |  ウィーン版「エリザベート」コンサート大阪・東京楽カテコ »

コメント

はじめまして

突然、お邪魔してすいません。
先月、急激にマテさんに魅了されて以来、
こちらのブログを、しばしば拝読させていただいていました。

ファンミーティング、泣く泣く諦めたので、
丁寧なレポ、本当にうれしいです。ありがとうございます。
書かれている夏草さんのお人柄なのでしょうが、
読んでいる私までじーんとしてしまいました・・・。

これからもブログ楽しみにしています。

yuki #- | URL
2012/11/12 00:00 * edit *

Re: はじめまして

yukiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
マテの人柄が伝わればいいなと思って書いています。喜んでいただけて嬉しいです。
ファンミはとても楽しかったですよ~。
マテ本人の、そしてマテを支えている人たちの温もりを感じました。

夏草 #- | URL
2012/11/12 15:10 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://natsukusa109.blog87.fc2.com/tb.php/137-25f551fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。