04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

日本の「CHESS」をぜひ観て聴いて! 

CHESS in Concert」東京公演は終わってしまいました。
短いよぉ。せめて1週間はやってほしい。キャストの皆さんもどんどんノッてきていたし。もっと観て聴いていたかった。

私、この作品もの凄く好きです。今も頭の中をぐるぐる回っています。

予習のため、2008年ロンドンでのコンサートDVDを観たんですね。
クラシック調、ロック調、バラード調、バリエーションに富んだ曲が何十曲もあって、これは凄いなぁと思いました。

日本初演版も面白くて楽しいんです。
でも、ロンドン版を観た時には感じなかった感情が、ぐわぁっと押し寄せてきました。
それは、切なさ。
人はなんて悲しくて愛おしいんだろう、と。

ほとんど台詞はないのに。ほぼ歌だけなのに。
フローレンスも、フレディも、アナトリーも、スヴェトラーナも、愛おしい。
不思議なアービターは麗しくて、見ているだけで楽しい(笑)。

たぶん、荻田浩一という人の書く詞が、私にそんな感情を呼び起こさせるのだと思います。
そして、歌い手たちが、その言葉をズシンと胸に届けてくるんです。
ただ綺麗に歌うのではなく、”その人”の心になり声になることができる、選ばれた歌い手たちが、大切な言葉を届けてくれます。

原曲もアレンジも、出演者たちも、演出(衣装、美術、照明)も、歌詞も好き。
これだけ揃った舞台には、なかなか出会えません。
初演に立ち会えたことに感謝したい。
記憶が薄れる前に、少しでも書き留めておきたい。
まだメモの断片ばかりですが、ちゃんと書きたいと思っています。

これから大阪公演をご覧になる方、期待していて下さいね。
もし迷っている方がいらっしゃれば、声を大にして言います。
「ぜひ観て聴いて下さい!」
安蘭けい、石井一孝、浦井健治、中川晃教。この4人が共演する舞台を見逃すなんてもったいない!
あなた自身で確かめて。決して損はさせませんよ~♪
 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: CHESS in Concert

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  石井一孝  浦井健治  中川晃教  CHESS 

[edit]

« 「CHESSコン」脳内再生・準備編  |  祝!CHESS IN CONCERT 初演 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://natsukusa109.blog87.fc2.com/tb.php/105-0c5d43e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。