09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その2 

「白鳥の湖」日本公演の千秋楽からちょうど1ヶ月経ちました。

え、何の話?と思われた方は、その1からお読みいただけると嬉しいです。

★マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その1

最初の観劇は、9月15日でした。
今でも印象に残っていることを、書き留めておこうと思います。
見どころはたくさんあるんですが、ゴメススワン(ストレンジャー)とマーニー王子に焦点を当てて。
(完全ネタばれ。新鮮な目でDVDや次回?公演を観たいという方はご注意下さい)



◆第1幕、宮殿やオペラハウスやスワンクバー。
スワンズはほとんど登場しません。孤独な王子が人生に絶望していく様子が描かれます。

マーニー王子を初めて観た時、可愛いなぁと思いました(笑)。パッと見はまだ十代の少年のよう(あとで実年齢を知ってビックリした)。
王子は内気で傷つきやすい夢想家。母親の愛を求めても得られず、重圧に押し潰されそうな不安をお酒で紛らわそうとします。
情けないヘタレっぷりですが、マーニー王子は酔っぱらってもノーブル。
純粋すぎて、この世では生きていけないんじゃないかと思わせる、儚くて危うげな佇まい。

スワンクバーを追い出されて路上でソロを踊るシーン、届かない夢をつかもうと懸命に手を伸ばしているように見えて、私の胸の中で切なさが炸裂しました(笑)。
女王様の代わりに抱きしめてあげたい!(爆)。
マーニーの踊りは繊細でしなやかで美しいんです。
この時点で、へタレな王子が愛おしくてたまらなくなってしまいました。

(続く)

-- 続きを読む --
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: ダンス

テーマ: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: マルセロ・ゴメス  クリストファー・マーニー 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。