09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

★ハンガリー旅行記その2 フィンランド航空とヘルシンキ 

ハンガリーはEUに加盟していますが、通貨はユーロではなく、フォリントという独自のものを使っています。
成田空港内の銀行や両替店で(扱っていないところもある)、日本円からフォリントに両替できます。
ブダペストの空港でもすぐ両替できますよ、と添乗員さんに言われて、今回は現地で両替することにしました。

日本とハンガリーの間に直行便はありません。どこかで乗り継ぎが必要になります。
4年前に行った時はルフトハンザ・ドイツ航空で、フランクフルトでブダペスト行きに乗り継ぎました。
今回のツアーは、往復ともフィンランド航空ヘルシンキ経由。
ルフトハンザも快適でしたが、フィンエアーもいいですね。日本とヨーロッパを最短最速で結ぶ、という宣伝どおり、乗っている時間が短く感じられました。

HU001.jpg


日本とハンガリーの時差は8時間。7月はサマータイム実施中なので7時間になります。
腕時計の針を7時間戻しました。何だか半日得した気分(笑)。
時計の針を進めたり戻したりする感覚、面白いですよね。
私は国際線に乗るといつも、目的地の時間に時計を合わせています。向こうは今お昼頃だなとか、想像しながら到着を待つのが楽しいんです。

機内では、ウォークマンで好きな音楽を聴いていました。
座席の小さなディスプレイで映画を観ると目が疲れてしまうので、私はほとんど利用しません。フライト情報を見るくらい。

もともと飛行機は苦手。離陸と着陸の時は緊張するし、気流の悪いところで大きく揺れたら目をつぶって無事を祈っています(笑)。
そんな思いをしても、窮屈なシートに長時間縛られても、旅先では「来てよかった!」と心から思えるんですよね。
帰国して時差ボケでぼんやりしながらも、「また行きたい!」と思う(笑)。
旅に出る楽しさは、他に代えられない、特別な魅力がありますよね。
 
苦手な飛行機の中でリラックスする方法、私にとってそれは、音楽を聴くことなんです。
ウォークマンを機内モードにすると、騒音が聞こえなくなって心地よくなります。
これからマテに会いに行くのだもの、曲はもちろんウィーン版「エリザベート」♪
ラミンのソロCDもお気に入り。これを聴くとすごくいい気持ちになるんですよ~。

あとは、ハンガリー語をちょっとおさらいしました。簡単な挨拶はできるように。
海外に行く時は、『旅の指さし会話帳』を持って行きます。このシリーズ、実用的でイラストが可愛くて気に入っています。

皆さんは、機内での長時間をどう過ごしていますか?
自分流の快適な過ごし方、ぜひ聞かせて下さいね。

(続く)
-- 続きを読む --
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: マテ・カマラス

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

タグ: マテ・カマラス  ハンガリー  海外旅行 

[edit]

tb: -- | cm: 1

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。