04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

改めて、「MITSUKO」に思うこと 

6日深夜にBSプレミアムで放送されたミュージカル「MITSUKO」は、NHKオンデマンド(リンクあり)でも配信されています。
200分ということは、小池先生と安蘭けいさんの対談も含まれていますね。


ちゃんと録画できているか、昨夜ざっと観たんですが、何とも懐かしかった。
ああ、マテのあったかい声だ。「西と東」やっぱりいいなぁ。文明開化の場面、子供も大人も可愛いなぁ。そうそう、ミツコちゃんの紅い櫛が揺れるの、ずっと気になってたんだよな(笑)。

TVを観ながら、いろいろ思い出しました。
アップが多かったり、新鮮なアングルだったり、観劇の時とはまた違った角度から楽しめますね。
カメラさん、ここはもっと引いてーとか、喋ってない人も映してーとか、勝手な注文つけたくもなりましたが(笑)。
初演の映像を残してもらえて嬉しいです。

欲を言えば、辛源リヒャルトも入れてほしかったな。
たとえば、「何故」までが辛源くんで、「パン・ヨーロッパ」以降がジュリアンくんとか。(観てる人が混乱するからダメか)
二人の青年リヒャルト、かなり印象が違いましたよね。二人とも長身でハンサムだけど、同じ台詞、同じ歌を歌っているのにカラーが違うんだなぁ。

特に、とうこママとデュエット(というか対決)する、「勘当」・「何故」の場面。
辛源リヒャルトは、ママのこと愛してる。イダのことも真剣に愛してる。僕には二人とも大切なのに、何故わからないの?と嘆いてる感じ。
ミツコさんだって親を泣かせたんだから許してやれば、と息子の肩をもちたくなりました(笑)。
一方のジュリアンリヒャルトは、僕はもう子供じゃない。自分の信じる道を行くよ。さよならママ!と突き放してる感じ。
完全に親離れした我が子に置いていかれたミツコが、可哀想に思えてしまったくらい。

増沢リヒャルトは、表情にも語り口にも母への愛を滲ませていました。
そういう点では、辛源リヒャルト(青年)と増沢リヒャルト(成人)のつながりが、私にはしっくりくるように感じられました。
ジュリアンくんはアメリカナイズされた印象で、ジョニー役がよく似合っていました。
どちらのリヒャルトも観ることができて面白かった。お二人のこれからの活躍が楽しみですね。
 
アンサンブルの皆さんも子役ちゃんたちも、歌も芝居も素晴らしかった。
マテさんの日本語もよかった。カタカナではなく、ひらがなと漢字で聞こえてきた(笑)。外国語であれほど感情をこめて語り、歌えるなんてすごいな。「愛は国境を越えて」を聴くたびに涙がこみあげました。
とうこさんは、幅広い年齢の演じ分け、歌い分けが見事だった。高音域も歌いこなしていて、説得力が増していた。三度歌う「後ろを振り向かずに」、それぞれに感動があり、涙があふれました。

改めて、クオリティの高い舞台だったなぁと思います。
NHKさん、放送してくれてありがとう!

番組の最後に20分くらい、小池先生ととうこさんの対談がありました。主に喋っていたのは小池先生でしたが(笑)。きっと語りたいことがたくさんおありなんでしょうね。
何らかの形で、ミツコたちの物語を伝えていきたい、と。再演への意欲を口にされていました。

私も、とうこミツコにいつかまたお会いしたい。
ただ、欲を言えば(欲張りですみません・笑)、もう少し違った内容で観てみたい。
長くなりますので、たたみます。(追記へ続く) 
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: MITSUKO

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  小池修一郎  MITSUKO  ミュージカル 

[edit]

「MITSUKO」のオンエア 

テレビ番組のメモ。録画を忘れないように。
いよいよ「MITSUKO」の放送です。青年リヒャルトはジュリアン君。

小池先生と安蘭けいさんの対談もあるそうです。
たぶん番組の冒頭でしょうね。そちらも楽しみ。

★8月6日(土) 午後11:30~午前2:50
★NHK BSプレミアムシアター
★「ミュージカル MITSUKO~愛は国境を越えて~」
(収録:2011年6月28日 青山劇場)

リンクしたNHKのサイト、主演のとうこさんについて「2009年退団後、女優として本格的なスタートとなるこの作品は大きな注目を集めている」と。
あのぅ、「ワンダフルタウン」が女優としての本格的スタートだと思ってるんですが。「エディット・ピアフ」もやってるし。
あ、女声の高音域を歌っている、という点なら、本格的スタートかも(?)。
 

カテゴリ: MITSUKO

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  小池修一郎  MITSUKO 

[edit]

MITSUKO有志ボランティア 

「とうこさんパリ祭で歌う」と「後ろを振り返れば」にたくさんの拍手・コメントありがとうございます!
レポを楽しんでもらえたり、投稿に共感してもらえるのは何より嬉しいです。


さて、MITSUKOカンパニー有志の方々がスケジュールをやりくりして、あるプロジェクトを決行されました。
増沢望さん、辛源さん、池谷京子さん、マテ・カマラスさん、中山昇さんが被災地(気仙沼と陸前高田)を訪問し、ミニコンサートとボランティアを行ったそうです。
増沢さんがブログとツイッターに、辛源さんと池谷さんはツイッターにそれぞれ書いておられました。ぜひご覧になってみて下さい。

増沢さんのブログはこちらです→ Mas-Nikki~ケログ~

皆さんの熱意と行動力に、頭が下がります。
マテさんと源さんが日本を発つ前にどうしても被災地を訪問したいと望んだのが、事の始まりだったとのこと。
それなら行けるメンバーだけで行ってみようと話が進み、「MITSUKO」ミニコンサートを企画。増沢さんがダイジェスト台本を作り、源さんが音源を編集。
プロデューサーの了解を取り、小池先生やとうこさんから激励を受け、MITSUKOのTシャツを現地への差し入れ用にもらい、稽古なしのぶっつけ本番で向かったそうです。

増沢さんのブログを拝見して、胸が熱くなりました。
何かできないだろうかと頭では考えても、なかなか行動に移せないものですよね。「愛は国境を越えて」と「ひとかけらの勇気」を実践していらっしゃる!素晴らしいなぁ。
歌を通して、皆さんのパワーが現地の方々にきっと伝わったと思います。

そろそろマテさんはウィーンへ、源さんはニューヨークへ帰ってしまうのかな。寂しくなりますね。またいつか日本でお会いできますように。
日本でご活躍中の増沢さんたちには、どこかの劇場でまたお会いできると思います。舞台を観に行きますね。
 

カテゴリ: MITSUKO

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: MITSUKO  増沢望  マテ・カマラス  辛源 

[edit]

MITSUKO大楽カーテンコール 

猛暑の東京、青山で新作ミュージカル「MITSUKO」は幕を降ろしました。
大震災が起きてから、公演の開催までには大変な苦労があったのだろうと想像します。
キャスト・スタッフをはじめ、公演に携われた皆様に、心から拍手を送ります。ありがとう!お疲れさまでした!

梅田のプレビューにドキドキしながら立ち会って1ヵ月半、キャストの一人一人のお顔とお名前がわかるようになり、複数の役柄もわかるようになりました。
あのカンパニーとお別れするのは名残惜しいです。はぁ~。
後ろを振り向くのが得意な(?笑)私ですので、「MITSUKO」語りはおいおい書くとして、大千秋楽のカーテンコールのことを書き留めておきます。


とうこさんは最初のご挨拶からもう涙声でした。
途中で詰まってしまうと、後ろからマテさんが、そしてジュリアン君が、とうこさんの肩に手を置いて励まし、客席から和やかな笑いが起きました。

そこで持ち直して(笑)、オーケストラの皆さんをご紹介。
いつもは指揮者だけでしたが、楽は全員舞台に登場。皆さん楽器を持って横一列。少人数の編成なんですね。
舞台奥の暑い場所で演奏されていたのだそうです(byとうこさん)。美しい演奏をありがとうございました!

続いて、とうこさんはキャストの皆さんに挨拶を促します。
茜さん、増沢さん、ジュリアン君、マテさんの順にご挨拶。
皆さん、この素晴らしい作品に携われて幸せだったと、感謝の気持ちを述べておられました。

増沢さんは、初めてのミュージカル出演。運命的なものを感じる。一生忘れない作品、と。
ジュリアン君は、リヒャルトは将来は皆が国際結婚をして人種差別はなくなるという夢を持っていた。国際結婚しましょう!と(笑)。

マテさんは、ドイツ語で。(通訳さんが登場する時、とうこさんにハンカチを手渡してました。とうこさん、涙と汗を拭いてた・笑)。
最初にこの公演の話をいただいた時、一部を日本語で歌ってくれと言われた(爆笑)。日本語は美しい言葉。いつか日本で日本語で日本のミュージカルをやりたい、と話したら、本当になった。夢が叶った。大変な冒険だった。
「トウコチャン」に大きな拍手を!と。ハグしていました~。
最初は全部日本語の予定ではなかったのね?(笑)。マテさん、日本に来て下さって本当にありがとう!!

そしてもう一度、とうこさん。ご本人は真面目に話しているのだと思うんだけど、やっぱり笑いが絶えないんですよね~。
ミツコさんを演じていて、結婚って、子どもを持つってどうなんだろうと考えさせられた。もしこのまま結婚しないで子どもがいなくても、自分は幸せだし・・・(あれ~、そっちのほうに話がいっちゃうの?笑)。
なんか言葉ではうまく伝えられない、こんなに喋ってるのに。(自分でツッコミ入れて大爆笑)。
何があっても自分を信じて、前向きに生きることが大事だと思う。(お、ちゃんとまとまった!)。
舞台の裏方さんについても触れていました。あの船は車が入っているのかなと思っていたら、実は人力(男性5、6人)で動かしているのに驚いた。舞台は本当にたくさんの人に支えられているのを実感した、と。

全員でテーマ曲「後ろを振り向かずに」を大合唱。もちろん客席も。
金銀のテープと紙吹雪が天井からドドーンと降ってきて、大歓声。子役ちゃんたちだけでなく、大人も大喜びで戯れていました(笑)。

とうこさんが小池先生を呼ぶと、先生は袖にいる辛源君も呼んで登場。辛源君はラフなTシャツ姿。ジュリアン君と兄弟みたいに仲良く並んでいました。
小池先生はいつにもまして早口で、よく聞き取れなかったんですけど(笑)。ミツコやリヒャルトの物語がさらに発展していけば嬉しい、とおっしゃっていたような。再演?それとも新しい構想があるのかな?

観客はスタオベで拍手を送り続け、何度も幕が上がりました。
最後はキャスト全員声をそろえて「ありがとうございました!」。
緞帳が降りた後、その向こうで(舞台上で)拍手喝采が起きているのが聞こえてきました。
皆さん、やり遂げた達成感でいっぱいでしょうね。おめでとう!お疲れさまでした。
 

カテゴリ: MITSUKO

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  ミュージカル  MITSUKO  マテ・カマラス 

[edit]

辛源リヒャルトお疲れさま 

6月17日の「MITSUKO」ソワレ。胸にじーんとくる、いい舞台でした。カーテンコールも含めて、いいものを見せてもらったなぁ。

もともとは、とうこさんのミツコを訪ねる旅の上映会がある、というのでその日を選んだんです。
辛源リヒャルトの千秋楽だというのはあとで知って、ラッキーだと思いました。

上映会のほうは、映像がはっきり見えなくて残念でした。客席は明るいまま(出入り自由)、舞台セットの大きな窓に映し出されて見づらかった。ロビーのモニターのほうがよく見えたかも。
その時点で、今日の私の目的は、辛源くんの千秋楽を見届けることだ!と気持ちを切り替えました。


とうこさんの鼻声はすっかり治っていました。生き生きとして力強さが漲って、とても凛々しく見えました。
ミツコが喪服姿で親戚の人達と対決するあたりから、「いざ行かん!ウィーンへ!」という決め台詞の場面。あのカッコよさといったら、もう~(ホレボレ)。瞳から星が飛んでた!(笑)。
「後ろを振り向かずに」も直球でぐんぐん迫ってくる感じ。エネルギッシュに輝くミツコさんでした。

そして、辛源リヒャルトもまぶしかった。若さとひたむきさと爽やかさと優しさに満ちて。
とうこママの愛にはかないませんが(笑)、梅田のプレビューから見ている観客として、彼のめざましい成長ぶりに私も胸が熱くなりました。
プレビューの時は正直、大丈夫かな?と思ったんです。梅田初日はちょっと鼻声だったのよね。
どんどんよくなっているとは聞いていましたが、東京で見てビックリ! 初々しさは残したまま、内に情熱を秘めた青年を力強く演じていました。
辛源リヒャルトには、繊細さと甘さも感じられました。ママもイダも彼を守ってあげたい、と思っている。その気持ちわかる気がするな(笑)。


カーテンコールでは、とうこさんが指揮者のご紹介のところで噛んでしまい、早くも笑いが起きました。
そして、「今日、一人だけ千秋楽を迎える人がいます」と。
大月さゆちゃんから花束を渡された辛源くん、挨拶を始めたところで、お隣のとうこさんがもう泣き出して。辛源くん、もらい泣きしちゃった感じ。
でもね、泣いていたのはとうこさんだけではないんです。キャストの皆さん、感極まった表情で涙、涙。ひょっとして今日は「MITSUKO」大楽か?と錯覚しそうなくらい。
世界初演の作品を稽古場で一から作り、大阪、名古屋と公演してきた仲間たちのあいだに、強い結束力、ファミリーのような絆が育まれていたのですね。
そのファミリーから若者が一人、巣立っていくんですもの。泣かずにはいられないよね。

辛源くんは涙を流しながらも、明るくしっかりと挨拶しました。
いいことをたくさん話してくれたのだけど、ごめん、覚えているところだけ、こんな感じということで。

僕の国籍はイギリス人で、ヨーロッパを自由に行き来できる。リヒャルトがパン・ヨーロッパを考えついたのは偶然ではない。ミツコとハインリッヒの影響を受けていたからこそだと思う。そのリヒャルトの人生を追体験できて嬉しかった。
素晴らしいキャスト、スタッフの皆さん、お客様の声援に助けていただいた。
舞台上ではぶつかりあっていたけど、裏では安蘭さんは優しかった。一幕の終わりではマテと交代のハイタッチをしていた。茜さんは妻のようにいつも寄り添ってくれた。日本語のあやしいところは増沢さんと大谷さんに助けてもらった。本当に皆さんにお世話になった。
僕に賭けてくれた小池先生にも感謝したい。

優しい心配りと誠実さとユーモアを感じさせる挨拶でしたよ。
お隣のとうこママは泣き崩れ、マテパパがしっかりと支えていました。抱き寄せて慰めたり、涙を拭ってあげたり。マテ、優しいなぁ(はぁと)。日本語もかなりわかっているみたいだった。
舞台のとうこさんにはマテさんがいるけど、実際のミツコさんが苦しかった時に夫はいなかったのよね。ハインリッヒがもっと長生きしていたら、ミツコの人生は全然違ったものになっただろうな、なんて思ってしまいました。

最後に、「MITSUKOはまだまだ続きます。ジュリアンもすごくいいです!」と辛源くん。
君はほんとにいいやつだな。もうリヒャルトじゃないなんて寂しいよ(とうこママにシンクロしてる?・笑)。
情熱をこめた舞台をありがとう。お疲れさまでした。

私の観劇もまだ終わっていません。
中日(なかび)を過ぎて、ますます熱気を帯びる「MITSUKO」。大楽まで見届けなくては。
 

カテゴリ: MITSUKO

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  MITSUKO  マテ・カマラス  辛源 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。