07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

「ピーター・ブルックの魔笛」メモ 

思い出しメモ、第6弾。3月分はこれで終わり!

「ピーター・ブルックの魔笛」

2012年3月24日(土)マチネ
彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて

演出:ピーター・ブルック
原曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
翻案:ピーター・ブルック、フランク・クラウチック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ

chirashi15.jpg

ピーター・ブルック氏は「演劇の魔術師」と呼ばれるほどの演出家だそうです。
その方がモーツァルトのオペラ「魔笛」をどんなふうに演出するのか、興味が湧いて観に行きました。

大がかりなセットも幕もなく、使われるのは竹と布だけ。4本の竹の間に布を敷くと、部屋になる。
どんな場面で登場人物はどうしているのか、ちゃんとわかりました。演じる人と観る人がいれば、演劇は成立するのですね。
タミーノとパミーナが試練を受ける場面では、本物の火が使われ、暗がりの中に揺れる小さな炎が神秘的だった。
とてもシンプルで美しい舞台でした。

ただ、音楽の面では、私はちょっと不完全燃焼(笑)。
「夜の女王のアリア」があれでは盛り上がらないぞよ。ザラストロはもっと荘厳に歌ってほしかったぞよ。パパゲーノとパパゲーナの二重唱はもっと可愛く弾けてほしかったぞよ。
オーケストラではなくてピアノ1台だったし、カットしてあったし。オペラを聴くつもりで行くと、肩透かしの感じ。
モーツァルトの音楽を気軽に楽しむにはいいかもしれないけれど。

白井晃さんや荻田浩一さんをお見かけしました。やっぱり演出家が観たいと思う舞台なのね。
荻田さんの姿は劇場に向かう途中で見つけたんですが、意外に歩くのが速くて(笑)追いつけなかった。追いかけてサインを貰う、つもりじゃなかったけど(爆)。
「CHESSコン」よかったです!くらいは言いたかったな。「ニジンスキー」も観た後だったら、追いかけて「どちらも再演して下さい!」なんて言っちゃったかも。


ツイッターより:

小雨が降ったり止んだり。今日は久しぶりにさいたま芸術劇場へ。ピーター・ブルックの「魔笛」を観に行く。

ピーター・ブルックの魔笛、面白かった。モーツァルトのオペラが90分の舞台に凝縮されていたのにビックリ。
竹を使ったとてもシンプルな装置。オケはなく1台のピアノ。7人の歌手と2人の役者によって演じられる。出演者たちが素足でゆっくり歩いたり後ずさりしていたのが印象的。

「魔笛」の歌はドイツ語で台詞がフランス語(日本語字幕)、ドイツ語っぽくは聴こえず歌詞が不明瞭だった。
パパゲーノが芸達者で客席に絡んだり可愛らしかったw 日本語で何か言ってたな。
装置や衣装が簡素な分、観客は森や神殿を想像しながら音楽を聴くことになる。

ブルックの魔笛、派手な装置や照明がなくても美しい舞台は作れるのだと感じた。
でもチケット代が高いなw あれだけ簡素ならもっと安くして、学生も観やすい値段にしたらいいのに。モーツァルトの音楽の美しさを身近に感じられるのに。

ブルックの「魔笛」マチネでは、白井晃さんをお見かけした。そして荻田さんらしき人も。たぶん間違いない。ああいう風貌の人はなかなかいないからw
さい芸は家から遠いと思っていたけど、銀河劇場よりは近い。もっと利用しよう。
  
スポンサーサイト

カテゴリ: 演劇・ショー

テーマ: 観劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

ミュージカル「ジキル&ハイド」メモ 

まだ続く(笑)思い出しメモ、第5弾。

「ジキル&ハイド」

2012年3月20日(祝)マチネ
日生劇場にて観劇

原作:R.L.スティーブンソン
音楽:フランク・ワイルドホーン
脚本・作詞:レスリー・ブリカッス
演出:山田和也
上演台本・詞:高平哲郎
出演:石丸幹二 濱田めぐみ 笹本玲奈 吉野圭吾 畠中洋 花王おさむ 中嶋しゅう他

chirashi14.jpg

「ジキハイ」の有名な曲は、コンサートなどで何度か聴いたことはありました。
舞台を観たのは2007年だったか、タータン(香寿たつき)がルーシーを演じるというので、中日劇場まで出かけたのです。
タータンのルーシーは”掃き溜めに鶴”という感じで、生まれはいいのに落ちぶれた女性がもう一度夢を見る。ジキルが「あなたはこんなところにいてはいけない」(確かそんな台詞あった気が・・・)と言う、まさにそのとおりのイメージだったな。
あの時の鹿賀さんは体調が悪かったらしく、ろれつが回っていなくて心配しましたが、病んでいる感じそのまま。鬼気迫る芝居だったのを覚えています。

その後、コンサートで鹿賀さんの「時が来た」を聴く機会があり、ジキルとハイドの見事な豹変に唸らされました。歌と芝居が混然一体となって凄味があったなぁ。

今回は、キャストも演出も新しくなったニュープロダクションなんですね。
誰も鹿賀さんの真似はできないですもの。石丸さんは石丸さんのジキル&ハイドでいいのだと思います。
全体的に若々しくエネルギッシュで、芝居よりも歌に比重を置いたミュージカルだと感じました。
濱田さんと笹本さんは期待どおりの素晴らしさ。二人の対照的なヒロインがくっきりと浮かび上がり、見応え聴き応えがありました。

ふと感じたこと。
この作品はこれからも再演されると思いますが、魅力はやっぱりジキルとハイド一人二役ですよね。演じてみたいと思っている役者さんは多いのでは?(とうこさんもその一人だろうけど、舞台はムリね・笑)。
喉にすごく負担のかかる役でしょうから、ダブルキャスト、トリプルキャストにしてみたらどうなのかな。
石丸さんをメインに、持ち味の違う役者さんも加わって。芝居が上手い人とか若手で有望な人とか。
演じる側も観る側も面白いのではないかと思うのだけど。


ツイッターより:

☆3月20日

「ジキル&ハイド」聴き応えあったわ~。キャストも演出も変わって、新しいジキハイになっていた。
エマがあんなに重要な役だと初めて知った。玲奈エマは芯の強さと母性を感じさせる。濱田ルーシーは力強い。「あんなひとが」はもう少し儚さが出るほうが私は好みなんだけどw

ジキハイ、やっぱり音楽がいいな。コーラスの「嘘の仮面」や「事件、事件」もワクワクする。
ジキルを真ん中にして、ルーシーとエマのデュエット「その目に」、素晴らしかった。対照的な二人のヒロイン像がくっきりと見えた。ジキル、ハイド、ルーシー、エマ。主役が4人いるみたいだ。

中嶋しゅうさんが歌うのにビックリした。音楽が主役の作品で、しゅうさんに歌わせなくてもいいのでは。
主役3人の歌唱力が抜群で、他がちょっと弱く聴こえてしまう。吉野圭吾さんは素敵w 前半の軽めなキャラから真相を知る後半へ一気に魅せる。ラストはアターソンが一番辛い立場だよな。


☆3月23日

「サド侯爵夫人」と「ジキル&ハイド」を同時期に観たせいか、善悪の境界って何だろうと考える。
ルネは「アルフォンス(サド侯爵)は私だったのです」と言う。ハイドは「俺は自由だ!」と叫んで飛び出して行く。ハイドの行動はジキルが心の奥底で望んだことの極端な表れなのだ。

道徳や規制から完全に解放されたら、人間は何をしでかすんだろう。誰の心の中にも、サドやハイドは潜んでいるのだろうね。それを狂気と呼ぶなら、芸術や娯楽はその受け皿になっているのかも。人間の狂気や欲望を昇華させる。・・・ランチにこんなことを考える私は疲れてるのかなw
 

カテゴリ: 演劇・ショー

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: ミュージカル 

[edit]

「サド侯爵夫人」観劇メモ 

思い出しメモ、第4弾。

「サド侯爵夫人」

2012年3月18日(日)マチネ
世田谷パブリックシアターにて

作:三島由紀夫
演出:野村萬斎
出演:蒼井優 美波 神野三鈴 町田マリー 麻実れい 白石加代子

chirashi13.jpg

面白かった! 一度聴くだけではわからないだろうと思い、原作を読んで行ったんです。
三島の戯曲には、ハッと息を呑むような決め台詞があるんですね。それを役者さんがどんな表情でどんな風に言うのか、じっくり楽しめました。

出演者は6人だけ。狭い空間に2~4人が登場します。
装飾のない舞台にテーブルと椅子、重そうなシャンデリア。
人物の動きは少なく、ほとんど台詞だけで物語が展開していきます。

息が詰まるような緊張感。
舞台上には登場しないサド侯爵の影が、気配が感じられる。
早口でまくしたてたり声高に叫んだりするのではない、抑えた表現に逆に凄味を感じました。
こういう台詞劇もいいな。

衣装も面白かった。
サド侯爵夫人ルネ(蒼井)は全幕とも同じ清楚なドレス。
ルネの母モントルイユ夫人(白石)も全幕とも同じ、和服をアレンジした重々しいドレス。
サン・フォン伯爵夫人(麻実)は、1幕は乗馬服、2幕は現代的でセクシーなタイトスカート。
シミアーヌ男爵夫人(神野)は、1幕は淑女らしいドレス、3幕は修道女姿。
ルネの妹アンヌ(美波)は、1幕は脚を覗かせたドレス。3幕は現代的なミニスカート。
家政婦シャルロット(町田)は、全幕とも黒ワンピに白エプロンのメイド服。3幕ではエプロンを脱ぎ捨てる。

フランス革命の時代の話だけれど、いわゆるロココ調のドレスではないんです。
自らの信念に生きるルネは、年を経ても姿が変わらない。
古い時代の価値基準で生きる母は、古めかしく重厚なまま変わらない。
悪徳担当(笑)のサン・フォン夫人は能動的で劇的に変化する。
美徳担当(笑)のシミアーヌ夫人は道徳的で神に救いを求める。
若く奔放なアンヌは、変わり身が早い。
一般庶民のシャルロットは革命後に態度が変化する。
6人それぞれの生き方が、衣装にも象徴されているんだなと思いました。


ツイッターより:

☆3月17日

明日の観劇に備えて、三島の「サド侯爵夫人」読み終わった。面白い~。美しい言葉にめまいがしそう。この台詞を白石さんや麻実さんの声で聴けるとは、ゾクゾクする。

☆3月18日

曇天。なま暖かい空気。これから世田谷パブリックシアターへ。「サド侯爵夫人」を観に行く。

「サド侯爵夫人」、予想どおり白石さんと麻実さんが凄かった。ストプレはあまり観ない私だけど、このお二人が揃う舞台は見逃せない。ルネ役の蒼井さんは健闘していた。優しい顔して不気味なのがいい。2幕ラストの白石さんとのバトルは見応えあったなぁ。

神野さん、美波さん、町田さんもそれぞれ存在感があり、女優6人だけの舞台はゾクゾクするような緊張感があった。ラストに「ラ・マルセイエーズ」が流れた時は、まったく別の意味で気分が高揚したけれどw

男性客が4割くらい。私の前が座高の高い男性で、舞台が見え辛かったのが残念。シェイクスピアも三島も面白い戯曲だけど、難しい長台詞を語る役者さんは大変だろうな。経験の浅い人は一本調子になりがち。白石さんや麻実さんは台詞を喋るんじゃなく語るのだ。その技術と情熱に感服。
 

カテゴリ: 演劇・ショー

テーマ: 観劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

スタジオライフ「OZ」観劇メモ 

思い出しメモの第2弾。

スタジオライフ公演「OZ」

2012年2月26日(日)マチネ Zチーム
2012年2月29日(水)ソワレ Oチーム
シアターサンモールにて観劇

原作:樹なつみ
脚本・演出:倉田淳
出演:松本慎也 竜星涼 曽世海司 及川健 関戸博一 青木隆敏 堀川剛史 船戸慎士 林修司ほか

chirashi11.jpg
このチラシは、ムトー役の竜星くんと1019の曽世さん

劇団スタジオライフの舞台は、けっこうよく観ているかも。
倉田さんの丁寧な脚本が好きだし、役者さんたちのひたむきさも観ていて気持ち良いのです。

パンフレットも毎公演、凝った作りになっていて読むのが楽しみ。
今回は2ヶ所に半透明の紙が使われていて、次のページの絵がうっすらと透けて見えるんです。一面の麦畑の向こうに機械人間1019が浮かび上がった時は、思わず涙が出そうになりました。

内容も充実していて、出演者の対談ページは細かい文字がぎっしり。
その中で、1019を演じた曽世さんの言葉になるほど!と納得しました。女の子女の子した役は本当の女性が演じると嫌味に見える、と言うのです。
「女性が演じるよりも、より共感してもらえる女性を表現できるということが男優だけのスタイルを貫いている理由でもあるし、スタジオライフの強みでもある」
確かに、綺麗な女優さんが演じたら嫌味に見えるかもしれない役が、男性が演じるとちょっと可愛らしく見えたかな。

もう一度観たくてリピートしたのに、涙でぼやけて見えなくなってしまった。
1019が電磁バリアから解放されるシーン。曽世さんの表情と照明の美しさに息を呑む。
1019が深手を負ったムトーを抱き上げ炎の中に消えていく後ろ姿。次第にシルエットだけになる。
ラストシーン、麦畑の向こう側で微笑む1019。

そして、傭兵ネイトと機械人間1024との禁断の愛。天才リオンの狂おしいほどの母への思慕。
今思い出しても、胸が痛くなる切なさなのです。


ツイッターより:

☆2月26日
今日はこれからスタジオライフ「OZ」を観に行く。原作を知らないけど、チラシ見たらすごく面白そうなのだ~。

スタジオライフの「OZ」とてもよかった。倉田さんの脚本・演出にはいつも涙腺決壊してしまう。この胸いっぱいの切なさは何なのだろう。これからは麦畑を見るたびに(日本ではあんまり見かけないけど)1019のことを思い出しそうだ。

☆2月29日
ほぼ日の皆さんに刺激され、私も2月29日はサボることにしちゃったw でも丸1日とはいかず、午後4時から(小心者)。スタジオライフの「OZ」もう一度観たくて。前回はZチームだったので今日はOチームを。大雪でも行くっ!

スタジオライフ「OZ」やっぱり好きだわ。前回観た時と同じシーンで泣いてしまった。もう一度見たくて行ったのに、涙で見えんw曽世さん演じる機械人間1019が愛おしすぎる。あの表情、あの声、いいなぁ。美しい照明が効果的。シンプルなセットでも陰影がある。

☆3月7日
スタジオライフ「OZ」の感激レポwをブログに書きたいけど時間がない。東京は12日で終わってしまう。原作も脚本も演出も役者もいいです。というか、私は好みですw
おけぴのゲネレポに写真がたくさん。サイトはここをクリック

アサヒコムに曽世さんと竜星くんのインタビュー。サイトはここをクリック
オモシィに松本くんのインタビュー。彼は男役も女役も素敵w サイトはここをクリック
 

カテゴリ: 演劇・ショー

テーマ: 観劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: スタジオライフ 

[edit]

ミュージカル「ハムレット」メモ 

3月31日、年度末です。会社員を長くやっていると、ここでひと区切りという感じが強いんですよね。
今日は強風。春の嵐でしたね。東京は桜の開花宣言が出ました! 嵐に負けずに花を咲かせてほしいな。

さーて、久しぶりに自宅PCに向かって、溜まった観劇メモを整理しよう。
記憶は薄れてきましたが、チラシやパンフやツイッターをもとに書き留めておきます。
2月から3月まで一気にドドーンといきますよー。


ミュージカル「ハムレット」

2012年2月19日(日)マチネ
シアタークリエにて

原作:ウイリアム・シェイクスピア
脚本・作曲・作詞:ヤネック・レデツキー
演出:栗山民也
出演:井上芳雄 昆夏美 伊礼彼方 成河 阿部裕 山路和弘 鈴風真世 村井国夫ほか

chirashi10.jpg
このチラシの芳雄くんは麗しいね~。一瞬誰かと思ったw

観ている時は面白かったんですが、翌日には頭の中からメロディが消えていました。
あの時は「CHESS」に占領されていたからなぁ。入る余地がなかったのかも。


ツイッターより:

CHESSコン脳のまま、これからクリエへ。ハムレット観ます。

今日地震あったよね? オフィーリアの埋葬シーンでぐらっときた。舞台はそのまま続いたけれど、揺れがもっと大きくて長かったらと考えたら恐いな。

クリエの「ハムレット」、シェイクスピアの話をこんなに短くしちゃったのかとビックリ。よく言えばスピーディーで、ダレるところがなくて面白い。ミュージカルと言うより、名場面コンサートのようだった。

スピーディーなハムレット。役者さんたちがすごい集中力で短い場面をきっちり演じて歌っていた。井上王子は救いようのない性格w 昆オフィーリアが幼く見えるのでよけいに哀れ。彼方レアティーズ、カッコいい。聴かせどころのデュエットの歌詞が「シスター、ブラザー」とは残念。

涼風王妃、美しい~。「弱き者汝の名は女」を体現していた。村井クローディアス、山路ボローニアス、上手いなぁ。デフォルメされているのに人間くさい。成河くんは初めて観た。ホレーショーとてもよかった。主要人物が皆死んでしまう悲劇だが、彼の存在に救われる感じがする。

ハムレットの相手役はオフィーリアではなくホレーショーなんじゃないかwと思うくらい寄り添っているんだよね。親友だが身分をわきまえていて、控えめで親身。井上王子の心の闇に小さな明りを灯すような、成河ホレーショーの温かさ。ラスト「殿下、おやすみなさい」にジンときた。
  

カテゴリ: 演劇・ショー

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 井上芳雄  ミュージカル 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。