07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

WPH for JAPAN 

10月18日、サントリーホールで、ウィーン・フィルのチャリティコンサートを聴いてきました。
休憩なしの1時間。極上の音楽に包まれて、そのまま天国へ行けるのじゃないだろうか、と思えるほど至福のひとときでした。

世界一の響きと謳われるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。今年の来日はかなり以前から決まっていたのでしょう。
震災後の日本を訪れるにあたって、音楽による深いお見舞いの気持ちを捧げたい、そんな思いから曲目を選んだ、とプログラムに書かれていました。

そして通常のコンサートの他に、チャリティコンサートを開いて下さったのです。
「東日本大震災復興支援チャリティコンサート ──私たちの思いは日本と共に ~WPH FOR JAPAN」


最初は、モーツァルトのピアノ協奏曲 イ長調K488から第2楽章。憂愁を帯びた美しい曲です。
この曲は震災の犠牲者に捧げます。拍手はお控え下さい。とアナウンスがありました。
指揮者でありピアニストでもある、クリストフ・エッシェンバッハさんの弾き振り。
エッシェンバッハさんのピアノは初めて聴きましたが、優しく心に染み入る音色でした。

曲が終わると、団員も観客も静かに起立して黙祷しました。


次の曲は、マーラーの「少年の魔法の角笛」から3曲。オーケストラとバリトンのソロ。
マティアス・ゲルネさんの歌も初めて聴きました。何てまろやかで温かな声。ウィーン・フィルの柔らかな響きと溶け合って、うっとり聴き惚れました。
3曲目の「原光」は大好きな曲。最後の歌詞には、こういう意味があります。

   神は一筋の光を私に与えて下さり
   永遠の至福の生命に至るまで照らして下さるだろう

ゲルネさんが最後の言葉”Leben(生命)”と歌った時、その響きが静かに天上に昇っていくような感じがしたのです。
自然に涙が溢れました。ありがとう。今の日本でこの歌を歌って下さって、本当にありがとう。


最後は、シューベルトの交響曲「未完成」。素晴らしかった。他にもう言葉が出てきません。
観客はサントリーホールを揺るがすような拍手喝采を贈り、ウィーン・フィルの皆さんも笑顔で客席を見渡していました。


海外の素晴らしいアーティストの方々が来日し、震災の犠牲者を悼み、日本の復興を願う気持ちをこめて演奏して下さる。涙が出るほど嬉しい。
ウィーン・フィルとゲルネさんの演奏は、本当に美しかった。優しくて温かくて、慰めと励ましの思いを強く感じました。

この幸せな空気を何とか持ち帰りたくて、会場で販売されていたゲルネさんのCDを買ってしまった。ピアノ伴奏はエッシェンバッハさん。
CDを聴くたびに思い出せるかな。
 
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽

テーマ: クラシック - ジャンル: 音楽

[edit]

ステージの醍醐味 

急に涼しくなりましたね。これくらいの夏なら体が楽だな。

昨夜(20日)のチャリティコンサートの余韻に、ゆっくり浸っています。
サントリーホールに響き渡った美しい音楽。そして、お客様の盛大な拍手。

とうこ(安蘭けい)さんが、この前のラジオでも言っていましたね。
お客様から拍手をいただいた時が1番幸せ。カーテンコールは至福の時。
ああ、やっぱりそうなんだな、と思いました。いつも拍手喝采を受けているプロの人でも、そう感じるんだなぁ。

ジャンルが違っても、ライブ(生のステージ)の醍醐味は共通しているのかも。
舞台から客席は意外とよく見えるものなんです。居眠りしている人が多いか(笑)、熱心に聴いている人が多いかはわかりますよ。
静かに聴き入っている客席から大きな拍手をいただいた時、こんなに嬉しいものはない!と感じます。

自分がやったことに対して、すぐに反応が返ってくる。
目の前で、たくさんの人が笑顔で拍手喝采を送ってくれる。
その喜びを一度でも体験すると、やめられなくなります。ライブは病みつきになりますよ~(笑)。


昨日のコンサート、舞台裏ではアクシデントがありました。
真夏に第九を歌う会合唱団の代表であり、ソプラノソロも歌われる池田理代子さんが高熱を出して降板。
当日のゲネプロで知らされた時はショックでした。急遽代役を務めることになった、若手の渡邉恵津子さんは本当に大変だったでしょう。
ゲネプロでは、私たちの声にも動揺が表れていたのかも。

マエストロ・コバケン(小林研一郎)は、どっしりと構えておっしゃいました。大丈夫、いい演奏をしましょう、と。
そうだ、私たちが今すべきことは、お客様にいい演奏をお聞かせすること。よし!と気合が入りました。

本番ではとても気持ちよく歌えました。
フォーレのレクイエムにはパイプオルガンも加わります。大音響が鳴り響いた時、まるでヨーロッパの教会で歌っているような感覚を味わいました。

代役の渡邉さんもしっかりと歌われ、盛大な拍手を受けていました。よかったなぁ。
合唱団も本番は良い出来だったようです。
マエストロには、この合唱団はいつも本番は不思議と上手くいくんだよね、と。
合唱指導の先生には、本番であれだけ歌えるなら普段からそう歌いなさい、と言われました(笑)。

普段も手を抜いているわけじゃないんだけど(笑)。好不調はあるし、集中力はそんなに続かないのよね。
本番は、何というか、スイッチが入るんだと思います。
マエストロの気迫に引っ張られ、団員の目の色も変わる。緊張感が良いほうに働いて、集中力がみなぎるんでしょうね。
あの緊張感は心地よいくらいで、私は好きです。普段の生活では決して味わえないものですね。

昨夜のチャリティコンサートでは、チケット代金の一部を、東日本大震災被災地の子供たちのためと、北朝鮮拉致被害者家族のために寄附を行いました。
日常では味わえない喜びに浸れて、社会のお役にも立てる場があることに感謝しています。

来年の夏は、ベートーヴェンの第九を歌います。
ご興味をお持ちいただけたら、どうぞお気軽に聴きにいらして下さい。あるいは、ご自身も歌ってみませんか?(特に男性の方、団員が少ないので大歓迎です)
 

カテゴリ: 音楽

テーマ: クラシック - ジャンル: 音楽

タグ: 合唱団  池田理代子小林研一郎  安蘭けい 

[edit]

フォーレのレクイエム 

またちょっと更新の間があいちゃった。
ツイッターには毎日つぶやいてますので、よろしければそちらも。PC画面右のサイドバーか、ついろぐ(日別で読みやすい)を覗いて下さいね。
ツイッターを毎日書く、というのも脳を鍛える効果あり、かな?(笑)


毎週木曜日の夜は合唱練習。今夜も行ってきました。演奏会まであと2週間ちょっとですからね。これから追い込みだ。
来週はいよいよ、小林マエストロとの指揮者合せがあります。「炎のコバケン」と呼ばれる方が、フォーレのレクイエムをどんなふうに作られるのか、とても興味深いです。
でもそれ以前に、音が違ってるよなどと注意されないように気をつけなくちゃ。

フォーレのレクイエム、皆さんはお聴きになったことありますか?
タイトルを知らなくても、耳にしたことはおありかも。「ピエ・イエズ」や「リベラ・メ」は特に有名です。
フォーレはフランスのロマン派。鎮魂歌というイメージとは違う、甘美なレクイエムを書いています。
ソロ曲も合唱曲も、それはそれは美しい~。あんまり綺麗なので、聴いていると気持ちよくなって寝ちゃうかもしれない(笑)。

演奏会で寝ているお客様を時々見かけますが、周りに迷惑をかけなければOKだと思います。イビキはNG!
気持ちいいんだろうなぁと、良いほうに解釈します。ずっと寝ている方(ごくたまにいる)は何しに来たのー?と思いますけどね。たいていは、フォルテで盛り上がったところでお目覚め。

フォーレのレクイエム、聴いているほうは気持ちいいけれど、歌うほうはかなり大変。正直こんなに難しい曲だと思わなかった。
ソプラノにそれほど高い音がないので、最初にさらりと歌った時は、楽じゃん♪と思ったんですが。とんでもなかった。
楽に歌える音域だと体が緩んで、音程も響きも下がってしまう。音程が下がるとハーモニーが崩れる。
とにかく正確な音程で、ひたすら美しいピアノ(弱音)で歌わなくてはいけない。

ものすごく神経を使って、フラストレーションがたまる(笑)。
フォルテ(強音)でぐわあぁーと歌い上げるほうが、すっきりと気持ちがいいんですよ。
合唱指導の先生には「声を前に出さないで」と言われます。前ではなく上に響かせる。しかも柔らかい弱音で。
それがなかなかできないんだなぁ。

高音域をピアノ(弱音)で柔らかく歌う。ファルセットではなく芯の通った声で、決して痩せた音でなく、小さな音を美しく豊かに響かせる。
技術的にとても難しいのだそうです。それができたらプロになれるかも、と先生に言われました。
いえ、プロになれなくていいんですが(笑)。自分の大きな課題を少しずつクリアしたい。

初めて歌う「フォーレのレクイエム」。今年の私の挑戦です。 
 

カテゴリ: 音楽

テーマ: クラシック - ジャンル: 音楽

タグ: 小林研一郎  合唱団  フォーレ  レクイエム 

[edit]

レクイエムの夕べ 

先ほどの「ディープピープル」ご覧になりましたか? お三方の個性がよく表れていて面白かったな。
同じ曲でも指揮者によってかなり違って聴こえるんですよね。


あのコバケンこと小林研一郎マエストロがタクトを振る、チャリティコンサートのお知らせです。
私たち「真夏に第九を歌う会」合唱団の定期演奏会。
もともとは団名のとおり、真夏に第九を歌おうと池田理代子さんが呼びかけて誕生した合唱団なのですが、時にはベートーベンの第九以外の曲も歌います。

合唱団については池田理代子さんの公式サイトにも案内があります。
HPはこちら→ 池田理代子オフィシャルサイト

今年はレクイエム。3大レクイエムと言われる曲(モーツァルト、フォーレ、ヴェルディ)のうち、2曲を一夜で歌うのは珍しいのではないかと思います。
曲目は昨年から決まっていたんですが、図らずも、東日本大震災の犠牲者への鎮魂のコンサートになりました。

チケットはぴあでも取り扱っていますが、ご興味のある方はメールフォームで私宛にお問合せ下さっても結構です。
一人でも多くの方に聴いていただければ嬉しいです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

日時:8月20日(土) 18:00開演
場所:サントリーホール
曲目:フォーレ「レクイエム」
   モーツァルト「レクイエム」(ラクリモーサまで)

指揮:小林研一郎
オーケストラ:日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:真夏に第九を歌う会合唱団
ソプラノ:池田理代子  アルト:杉野麻美
テノール:藤牧正充   バリトン:浅井隆仁

S席8,000円  A席6,000円  B席4.000円
チケット代金のうちから1枚につき1,000円をチャリティとさせていただきます。
寄贈先:東日本大震災被災地の子供達の教育のために
北朝鮮拉致被害者家族のために

P8010280.jpg

カテゴリ: 音楽

テーマ: クラシック - ジャンル: 音楽

タグ: 池田理代子  小林研一郎  合唱団  チャリティコンサート 

[edit]

ディープピープル 

テレビ番組のお知らせです。

NHK総合の「ディープピープル」、皆さんご存じですよね。
その道のプロフェッショナル3人が、司会者なしで繰り広げるディープなトーク番組。

以前、宝塚トップスターが取り上げられて、マミさん&オサさん&とうこさんが出演したことがありましたね!あれは面白かったなぁ。
今も時々この番組を観ていますが、パティシエとか、時代劇の殺陣師とか、動物園の飼育員とか、バレーボールのセッターとか、はた目には分からないプロの奥深い世界を垣間見られて面白かった。

来週のテーマは、「スーパー指揮者」。マエストロ・コバケンが出演されます!
オーケストラの指揮者は、超人だと思います。客席から見ても、舞台上から見ても凄い。
小林研一郎さん&広上淳一さん&下野竜也さん。どんなお話が聞けるんでしょうか。楽しみ♪

★8月1日(月)22:00~ NHK総合
HPはこちら→ ディープピープル
 

カテゴリ: 音楽

テーマ: 音楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 小林研一郎  コバケン 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。