09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

「CHESSコン」また会う日まで 

2月ももう終わりですね。今年はうるう年で1日得した気分?
4年に1回しかない2月29日で、CHESSコン関連の投稿は終わりにしようと思います。
キャストの皆さんそれぞれ、次のお仕事に向けて進んでいますものね。

石井一孝さん、池谷京子さんは「CHESSコン」についてブログにたくさん書いて下さっています。楽しいお写真も~。
カズさんのところはコメント欄も面白くて、熟読してしまいました。いやー、濃いなぁ。


作品については全く知らなかったけれど、キャストが好きな人たちばかりで、演出家も大好きで。
観劇前にあまり予習をしない私が、ロンドン版DVDを買って研究(?)するほど熱を入れていました。

先週までは今年1番の楽しみが2月で終わってしまったような寂しさを感じていましたが、今は確信のようなものも湧いてきました。
このまま終わるはずがない、よね。きっとミュージカルになる。

その時はぜひ同じキャストでやってほしい。
前々から好きな人たちに惚れ直しましたもん。

とうこさんは等身大の役柄で、凛々しくてカッコいい面と脆くて儚げな面がどちらも表れて素敵だった。重い過去を背負いながら愛を求めるさすらい人・・・オギーワールドの安蘭けいですなぁ。

カズさんがあんなに朗々と歌いあげるのを久しぶりに聴いた気がする。伸びやかで甘い声なのよね。デュエットもよかったな。

健ちゃんの新たな魅力発掘。トートもいける!(あ、話がズレちゃう)。歌がさらに上手くなっていた。低音の響きにシビレたわ。それに芝居も上手いよね。ACT2では歌う場面が少なかったけれど存在感は凄かった。

アッキーは天才の役がぴったり。「モーツァルト!」を観た時の興奮が蘇った。「Pity The Child」と「Someone Else's Story」を聴くたびに涙した。「One Night in Bangkok」では一緒に踊りたかった~。

そして、荻田さん。あなたの訳詞でなかったら、私はこんなに一生懸命聴き取ろうと頑張りませんでしたよ。次はCDを出して下さいね。

(追記へ続く)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: CHESS in Concert

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  石井一孝  浦井健治  中川晃教  CHESS 

[edit]

「CHESSコン」脳内再生・ACT2 

思い出し作業をサポートして下さった皆様、ありがとうございました!

引き続き、「CHESS in Concert」日本初演版の脳内再生です。
上演時間は、ACT1が約60分、ACT2が約50分くらいだったでしょうか。

フローレンス、アナトリー、フレディは、ACT1は黒のスーツ(ポイントに白あり)。
ACT2は、白の衣装(ポイントに黒あり)。
3人それぞれの内面と環境の変化が、衣装でも表れていました。特にフローレンスは劇的に変化してましたね。

それでは、ACT2へいきます。
記述が正しいという保証はありません(笑)。CHESSコンを愛する方々に楽しんでいただければ嬉しいです。
(追記へ続く)
-- 続きを読む --

カテゴリ: CHESS in Concert

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  石井一孝  浦井健治  中川晃教  CHESS 

[edit]

「CHESSコン」脳内再生・ACT1 

◆2月25日更新
情報ありがとうございます!
・「The Arbiter」の歌詞、部分追加 この歌はほぼ完璧?

◆2月22日更新
情報を寄せて下さった皆様、ありがとうございました!
・「Nobody's Side」の歌詞、部分追加
・「The Arbiter」の歌詞、部分追加
・「Pity The Child」の歌詞、部分追加
・2回目の「The Arbiter」と「Quartet」の間に「Florence And Molokov」を追加
・「Quartet」の部分加筆

------------------------

CHESSコン大楽から1週間。メモが何とか形になりました。
東京と大阪の公演を数回観て、2008年ロンドン版DVDも参考にしました。
曲順はたぶんこれで合っていると思います。

歌詞については、あくまで聞き取って覚えているうちの一部です。
正しいという保証はありません(笑)。

まあ、ピンボケのスナップ写真みたいなものでしょうかね(笑)。
そんな中途半端な形でも、思い出の断片として残しておきたい。
それくらい、この作品が好きになりました。

同じような思いを抱く方々と共有できれば、と考えて公開します。
コメントやメールをくださった皆様、ありがとうございました。
引き続き、お気づきの点がありましたらお知らせ下さいまし。

CHESS in Concert」日本初演。
夏草フィルターを通した不完全な再生ですが、よろしければどうぞ~。
まずはACT1から。
(追記に続く)
-- 続きを読む --

カテゴリ: CHESS in Concert

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  石井一孝  浦井健治  中川晃教  CHESS 

[edit]

「CHESSコン」ひとまず終幕 

2月12日、梅田芸術劇場メインホールにて「CHESS in Concert」千秋楽を観て来ました。
大阪まで行って本当によかった! 東京公演よりもさらに深化していました。
キャストの皆さん、どんどん役に入り込んでいた。コンサートとはいえ、歌を披露するだけじゃない。登場人物たちの人生が垣間見えた。

内容について書き出すと長くなるので(笑)また改めて。
覚えた歌詞、ちょっと追加できそう。
曲順はバッチリわかりましたよ。やっぱりロンドン版とはけっこう変えてあった。

カーテンコールでは、キャスト全員+島健さんからご挨拶がありました。
仕切りを務めたとうこさん、観客に「お座り下さい」と。これは長くなるな~(笑)。

皆さん口々に、楽曲の難しさ、キャストやスタッフの素晴らしさに触れ、CHESSコンサート日本初演に関われたことに感謝されていました。
そして、また再会したい、ミュージカル化してほしい!と。

1番若いと思われる横関さんのご挨拶、可愛かったな。
CHESSのチラシを見た時、こんなすごい人たちと一緒に自分の顔写真が載ってて感激した、皆さんが本当に優しくして下さった、と。泣きそうになるのを一生懸命こらえていた。
とうこさんはそんな彼女を見て思わず「可愛いね」って、すっかりお姉様の表情(笑)。

AKANEさんは外国語で喋り始めた。そのあと日本語で、感謝の気持ちを。ABBAも私もスウェーデン出身です、と。最後は感極まって涙。
そうなのかぁ。AKANEさんにとって思い入れの深い作品になったのね。スウェーデン語って初めて聞いたかも。

島健さんは、「通称シマケン」の「島、健」ですと自己紹介(笑)。
「CHESSコン」ロンドン版の資料をもらい、こんな大編成の作品をどうやって少人数でやるのか、無理だと思った。それができたのは、このキャスト、このオケだからこそ、と。

そして、島健さんのアレンジあればこそ、ですよね。
荻田さんの演出も訳詞も好きです。
不可能を可能にした皆さんに、大きな大きな拍手を贈ります。
観ても聴いても美しく、胸が震えるような感動をありがとう!

「CHESSコン」語りはまだまだ終わりません。ひとまず今日はこのへんで。
写真をいくつか載せますね。遠征はやっぱり楽しいわ~。止められない(笑)。


photo08.jpg

東京を出た時は快晴。静岡あたりだったか、富士山がくっきりと綺麗に見えました。


photo09.jpg

名古屋を過ぎたあたりでお弁当~。東京駅で全国駅弁フェアをやっていて、これをチョイス。
三陸産穴子ひつまぶし弁当。穴子好きなんです。東北のものを買いたかったし、ちょうどよかった。美味しかった。


photo10.jpg

お弁当を食べ終わった頃、窓の外が雪景色でびっくり! 降ってはいなかったけど、かなり積もってました。
景色がいろいろ変わるから、新幹線に乗るのは好き。飛行機よりも列車の旅が好きです。


photo11.jpg

大阪は晴れてました。JRの駅が綺麗になってデパートが増えて、またびっくり。
初めてのルートを通って梅芸へ。「MITSUKO」以来だな。ここまで来た甲斐があった。
是非「CHESS」ミュージカル化してほしい。このキャストで!
 

カテゴリ: CHESS in Concert

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  石井一孝  浦井健治  中川晃教  CHESS 

[edit]

「CHESSコン」脳内再生・とりあえず編 

◆2月26日更新:
「脳内再生・ACT2」をアップしましたので、「とりあえず編」の歌詞は全部削除します。

◆2月19日更新:
「脳内再生・ACT1」をアップしましたので、「とりあえず編」の歌詞部分は削除します。



「CHESS in Concert」大阪公演、とうとう始まりますね。もうすぐ終わってしまう、と思うと淋しいな。

ただいま絶賛脳内再生中♪

DVDにもCDにも残らないのなら、自力で何か残しておきたい。
ということで、曲の流れに沿って、観劇後のメモから書き起こしています。が、順番がごっちゃになって、自分で書いたのにようわからん(笑)。
このペースでは、書き終わる前に公演が終わってしまうぅ。

まだ途中ですが、とりあえずアップしちゃいます。
随時更新していきます!


やっぱり歌詞を書き留めておきたいなぁ。
荻田さんの訳詞が好き。
それに、歌詞がわかると思い出せるんですよね。とうこフローレンスの声や浦井アービターの声が聞こえてくるんです。

ここからは、皆様にお願いです。

そこはこうだったよとか、あの歌はこんな感じだったよとか、気づいた点をお知らせ下さいませ。
コメントでもメールでもツイッターでも結構です。


ちょっとしたことでも構いません。
一人の記憶では無理でも、何人もの記憶が集まれば、それなりの形になるのではと思います(他力本願~)。
どうぞよろしくお願いいたしまする!

以下、全部ネタばれです(笑)。
超長文なので、PC画面でお読みになるほうが楽かもしれません。

大阪公演が初見という方は、どうぞ飛ばしちゃって下さい。
東京公演を満喫された方、一緒に思い出しましょう。
大阪にも行くよという方、しっかり観て聴いて楽しんできましょう。
私は千秋楽のみ行きます。あと1回だけなんて、あぁ~。五感フル回転で観てきます!
(追記へ続く)
-- 続きを読む --

カテゴリ: CHESS in Concert

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  石井一孝  浦井健治  中川晃教  CHESS 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。