04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

「アンクレ」大阪千秋楽 

10月31日(月)、シアターBRAVA!にて、「アントニーとクレオパトラ」大阪千秋楽(国内ラスト公演)を観て来ました。

今回は遠征しないつもりだったのに(笑)。埼玉公演の楽を観た時、進化し続けるクレオパトラを見届けたい!という気持ちがフツフツと湧き上がりました。
予想外に仕事が前倒しに進み、無理だと思っていた月末の月曜日に休めることになったんです。
これは、女王様が手招きをしておいでだなと(笑)、ご命令に従ったのでした。

photo02.jpg

photo03.jpg

シアターBRAVA!には初めて行きました。というか、大阪といえば梅田近辺しか行っていないかも(笑)。
大阪環状線の大阪城公園駅で下車。時間があれば大阪城にも行ってみたかったけれど(お城が好きなんです)、できるだけ体力を使わないようにしました。「アンクレ」観るだけでエネルギー消耗するので。

席は1階中程のサイドブロック。全体が見えて、オペラなしでも表情がだいたいわかる。私にはこれくらいの距離がちょうどいい。
ただ、この劇場は客席の傾斜が緩やかなのね。前の人の頭で舞台の一部が見えにくくなる。
「アンクレ」は床に座ったり倒れこんだりする動作が多いので、それが見えにくいのはとても残念。
さいたま芸術劇場は勾配があって見やすかった。音響もよかった気がする。韓国公演の劇場はどうなんでしょうね。

長くなるのでたたみます。(追記へ続く)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: アントニーとクレオパトラ

テーマ: 演劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  アントニーとクレオパトラ 

[edit]

「アンクレ」さいたま千秋楽 

10月15日、「アントニーとクレオパトラ」さいたま公演の千秋楽を観てきました。
カテコではサプライズもあり、千秋楽らしい華やかな幕切れでした。


3回観劇しましたが、観るたびにちょっとずつ違いました。演出が変わっていたり、台詞がカットされていたり。
蜷川さんは毎回ダメ出しされているそうなので、常に細かい変更があるんでしょうね。
千秋楽はクレオパトラの「今日は私の誕生日」うんぬんの台詞がなかった。とうこさんがすっ飛ばしたんではないよね?(笑)。
そうそう、その日は蜷川さんのお誕生日だったんですよ。

とうこクレオパトラは、初日とは見違えるほど余裕が出ていました。台詞回しも表情も動きも、自由自在という感じ。
大きな瞳をキラキラさせて、まばゆいほど美しく威厳のある女王様だった。

床に寝転がってアントニーに誘いをかける場面、脚を高く上げたりバタバタさせたり、だんだんエスカレートしてる(笑)。客席から笑いが起きていました。
美しいおみ足を惜しげもなく披露していても、お色気はあまりない(笑)。踊っているか体操しているみたい。
クレオパトラというと妖艶な悪女のイメージがあると思いますが、とうこパトラには、強さと激しさと気高さと輝くような美しさを感じます。そして時には、無邪気なほどの可愛らしさも。

激情家のアントニーは感情表現が半端なく、時には愛情表現まで暴力的になります。ラブシーンなんて生易しいものじゃない、ほとんど格闘技(笑)。
ガタイのいい鋼太郎さんが細いとうこさんを振り回したり、押し倒して馬乗りになったりすると、とうこさんの体が壊れちゃうーとハラハラしました。

千秋楽も激しかった。青いドレスのクレオパトラとの取っ組み合い痴話喧嘩の場面(笑)では、二人ともなかなか立ち上がれなかったんです。
二人の衣装が絡まったのか、とうこさんの靴に衣装が引っ掛かったのか、お互い支え合いながらゆっくり立ち上がっていました。
どうかお怪我のないように、と本気で心配になりました(既に生傷は絶えないのだろうが)。

長くなるのでたたみますね。(追記へ続く)
-- 続きを読む --

カテゴリ: アントニーとクレオパトラ

テーマ: 演劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  蜷川幸雄  アントニーとクレオパトラ 

[edit]

「今日は私の誕生日」ね 

さいたま芸術劇場で「アントニーとクレオパトラ」を観て来ました。
初日は私も緊張していたみたいです(自分が出るわけじゃないのに・笑)。今日は安心して観ていられました。
クレオパトラはますます激しく、美しく光り輝いています。目が吸い寄せられてしまう。
池内シーザーの美しさにも惚れ惚れするなぁ。

出演者の皆さん、台詞がかなり早口になっていました。あんなによく口が回るな。
マイクなしの肉声でも声が通るし、長い台詞も一気にまくしたてるし。どこでブレスするんだろうと気になってしまった(笑)。
舞台俳優の方々は、きっと歌もお上手だろうなと思います。

もう、台詞が歌のように聞こえてくるんですね。緩急と強弱のリズムがある。声そのものにも味わいがある。
吉田鋼太郎さんや橋本じゅんさんの台詞は、聴いていて心地良い。どんなに長くても飽きない。
ポンペイ役の横田栄司さんもいい声だな、ビジュアルも素敵。アイラス役の池谷のぶえさんの声も好き。
もちろん、とうこさんの声も好き。低めの力強い声にうっとり(笑)。

ミュージカルではないけれど、音楽も印象に残っています。
オープニングとエンディングに流れる、女性の歌声。一度聴いたら忘れられない。力強くて哀愁を帯びて、土の匂いがする。
どこの国の歌なんだろう。ヨーロッパの音楽でないのは確か。エジプト? アジアのどこか、それともオリジナル?

アントニーたちとポンペイが相対する場面、勇壮な太鼓の音も好きだな。
和解が成立して大宴会になり、男たちが歌って踊るところも楽しい。一見めでたしめでたしなんだけど、それぞれの思惑が垣間見えて面白い。

長くなるのでたたみます。ネタばれあり。(追記へ続く)
-- 続きを読む --

カテゴリ: アントニーとクレオパトラ

テーマ: 演劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  アントニーとクレオパトラ 

[edit]

次の「アンクレ」までブレイク 

今日は「アントニーとクレオパトラ」休演日。9月27日の舞台稽古からずっと休みなしだったんですよね。
カンパニーの皆さんは、ゆっくりお休みできたのかな。明日からまた、エネルギッシュでハードな舞台が始まります。

これから遠征される方もいらっしゃると思いますので、現地情報を少し書いておきますね。
彩の国さいたま芸術劇場の最寄駅は、JR埼京線の与野本町。駅前にスーパーや飲食店などちょっとありますが、繁華街ではないので、周辺にお店は少ないです。
駅から劇場までは、徒歩15分みておけば安心。夜は上り電車の本数が少なくなります。
上演時間はカテコも含めて、3時間30分くらい。ミュージカルとは違って、カテコはあっさり終わります。初日も挨拶などはありませんでした。
休憩は1回、15分。トイレは混みます。
リニューアルした劇場はとても綺麗です。ビル内にレストランやカフェもありますが(2ヶ所くらい)、周辺に何もないので、公演の前後に食事するのは不便かもしれません。


嵐のように通り過ぎた初日、振り返る余裕がやっと出てきました。

私にはお席が良すぎました(笑)。前列サイドの通路側。前方の視界を遮るものはほとんどなし。
階段がすぐ目の前で、役者さんはそこで芝居したりします。光る汗や涙も見える。女王様が目の前まで迫ってきた時は、うおっ!と声を上げそうになりました(笑)。
役者さんは通路もよく通るし、走ります。アントニーやシーザーの長い衣が、私の肩を撫でていきました。
男性陣が舞台上を走り回ると、その振動が伝わってきます。凄い迫力!
暗転の舞台転換で、急いでいるスタッフさんが何か落としたり引っかけたりするのも見える(笑)。すべて人力なんですね。裏方さんも大変です。

長くなるのでたたみますね。ネタばれあり(追記へ続く) 
-- 続きを読む --

カテゴリ: アントニーとクレオパトラ

テーマ: 演劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  蜷川幸雄  アントニーとクレオパトラ 

[edit]

祝!「アンクレ」初日 

「アントニーとクレオパトラ」の初日の幕が無事に降りました。
戯曲を読むよりずーっと面白かった。演出家ってすごい、役者さんってすごい!と思いました。

とうこクレオパトラはとにかく美しかった。必死さが伝わってきて、ドキドキしながら観ていました。
とうこさん、よく頑張ったと思います。初日が開いてホッとしました。

今日は持っている中で1番いい席だったんです。でも、初日前方席は心臓に悪いわ(笑)。
次回はもっと後ろの席なので、私も落ち着いて観られるかな。
今日はとりあえずここまでで。また後ほど書きますね。
 

カテゴリ: アントニーとクレオパトラ

テーマ: 演劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  アントニーとクレオパトラ 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。