09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

歌姫コンサート♪ 

7月18日、中野サンプラザにて「歌姫コンサート~歌で笑顔を、歌で勇気を~」を聴きました。
歌姫は(出演順に)、エンレイさん、沢田知可子さん、佐々木秀実さん、安蘭けいさん、由紀さおりさん。

このコンサートはニッポン放送の主催で定期的に開かれているようです。4月に開催予定だったのが震災のため延期になり、7月に振替になったとのこと。
日程変更で出演できなくなった方の代わりに、とうこさんにお声がかかったらしい。

最初にチケットを買ったお客様は、安蘭けいさんが出演すると思っていないわけですね。あとで変更を知らされても、安蘭さんって誰?という方がほとんどなんだろうな(笑)。
客席は中高年の方が多く、ご夫婦らしいカップルもあちこちに。もしかしたら、ミュージカルの舞台はご覧になったことがないかもしれない。宝塚にもあまり興味はなさそう・・・。何となく、そんな雰囲気を感じました。

知名度が低いという点では「パリ祭」ゲスト出演でも同じだったでしょうが、あの時の観客はシャンソンがお好きな方ばかり。舞台でピアフを熱演したという安蘭けいさんを、興味を持って熱心に観て下さっていました。
とうこさん自身も、ピアフの人生を舞台で生きた経験が大きな自信になったのでしょうね。堂々として、まばゆいスターオーラ全開でした。

一方の歌姫コンでは、ちょっと勝手が違ったのかもしれません。
とうこさんの出演は第2部からでした。出番のない第1部は楽屋で聴いていたそうです。楽屋のモニターを見ながら、「皆さんすごいなぁ」と思っていたのかも。
ステージのとうこさん、パリ祭の時よりずっと緊張している感じでした。

緊張しながらも、MC噛みながらも(笑)、とうこさんは別世界から来たニンフのように美しかった。その美しさだけでも充分に観客の目を釘付けにしたはず!
女性らしいドレス姿で歌ってましたよ、力強く男前に! そのギャップがねぇ、ファンにはたまらんのです(笑)。初めてご覧になった方はどう思われたかな。

パンフレットなどは販売されていなかったので、記憶だけが頼り。とうこさん以外の歌姫様の曲名や演奏順はあやしいですが、ご容赦下さいね。

長いのでたたみます。(追記へ続く)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: コンサート

テーマ: 音楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  コンサート  宝塚   

[edit]

とうこさん「パリ祭」で歌う 

7月3日夜、NHKホールで「パリ祭」を聴いてきました。毎年開かれているシャンソンの祭典、今年は49回目だそうです。ずいぶん歴史があるんですね。
今回はとうこさんがゲスト出演するということで、初めて観に行ったのです。楽しかった~♪

客席の年齢層は高めで、パリ祭の常連さんがいらっしゃるのか、ご贔屓(?)の歌手への声援が飛んだりして、独特の雰囲気がありました。
18時開演で、終わったのが21時20分。歌われた曲は36曲。想像以上に濃密なシャンソン体験でした。
歌というのは、どんなジャンルでも味わい深いですね。知らない曲でも全然退屈しなかった。

出演者の中にはご年配の方もいらっしゃいましたが、歌声は艶やか。ご自分の世界をしっかり確立されている感じがしました。
そんな中では、とうこさんはまだまだ若い(笑)。シャンソンの歌い手としては新人ながら、まばゆいほどのスターオーラを放っていました。それについては、後ほど。


プログラムは2部構成。
永六輔さんがトークのゲストで1部・2部とも出演され、昨年亡くなられた石井好子さんのエピソードなどを語っておられました。

第1部は「パリ祭の想い出」と題して、15曲。
これまでのパリ祭で歌われた曲のランキングを発表。1位は「愛の讃歌」、2位は「枯葉」。
ああ、ピアフの舞台を思い出す(笑)。ピアフの曲は他にもたくさん入っていました。愛されているんだなぁと、偉大さを改めて実感。
「愛の讃歌」は、山本リンダさんが歌われたんです。正直ビックリ! 「ウララ~ウララ~♪」のイメージが強かったので(笑)。でも、とても力強い歌声に感動。衣装も豪華でした。 

第2部は、没後10年のジルベール・ベコーを偲ぶコーナー、東日本大震災について、そしてゲストコーナー、フィナーレまで、もりだくさんの21曲。
とうこさんの登場は最後のほう、しかも加藤登紀子さん、クミコさんが歌われた後。うわ、それはかなりのプレッシャーではないかい?(と、心配性のファン・笑)。

お二人の歌が、特に素晴らしかったんですよ。
もちろん私も楽しみにしていました。登紀子さんとクミコさんが歌われるステージに、とうこさんも出るんだと思うとすごく嬉しかった。

加藤登紀子さんは、震災直後に作った歌「今どこにいますか」を。TVで聴いた時もジンときたけれど、ナマで聴くといっそう胸に響いて涙があふれました。
被災地に行って、この歌を歌っていらっしゃるんですよね。温かな慰めと励ましになる歌です。

3月11日に奇しくも石巻にいたというクミコさんは、「最後の恋~哀しみのソレアード」。台詞も入る、大人の恋の歌。生きる情熱がわき上がるような歌。
小柄なクミコさんのどこから、あんな力強い声が出るんだろう。たおやかで凛として、カッコいい。

被災地への支援の呼びかけがあり、1日も早い復興を願って全員で「見上げてごらん夜の星を」合唱。
舞台上スクリーンに歌詞が映し出され、観客も一緒に歌いました。私も大きな声で(笑)参加しましたよ。


ここで雰囲気が変わってよかった。いよいよゲストコーナー。
司会者に「元宝塚星組トップスター、今年1月の舞台でエディット・ピアフを熱演」と紹介されました。
ステージ奥の階段からとうこさんが現れると、ぱあっと光が射したよう(実際にライトが当たったわけだけど)。真白なドレス姿がとても綺麗で、思わず「おおお」と声が出そうになりました。

長いので、いったんここでたたみます。(追記へ続く) 
-- 続きを読む --

カテゴリ: コンサート

テーマ: 音楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 安蘭けい  シャンソン  パリ祭  エディット・ピアフ 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。