08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」番外編 サイドストーリー 

実は、こういうものを書いてしまいました(笑)。

あの日のザ・スワンと王子は、前世から強い絆で結ばれていたとしか思えなかった。
スワンが王子を湖へ呼び寄せたよね。
スワンは王子が来るのをず~っと待ってたよね。
百年前から待ってたよね。

あの日(9/20)の公演についての投稿はこちらです。
★マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その3


ゴメクリ千秋楽を観て(特に2幕と4幕ね)、妄想がぐるぐる渦巻いたあげく、いろいろなパターンを考えたのですが、これはまあ、ブログに載せても大丈夫かなと。


ゴメススワンとマーニー王子の、前世の物語。
よろしければ、お暇な時にお楽しみ下さ~い。



-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*----


◆ 「白鳥の湖」前世編 -- 王子とスワン ◆

~ 2014年9月20日のゴメススワンとマーニー王子から想を得て ~


白鳥01

-- 続きを読む --
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: ダンス

テーマ: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その3 

まだ「SWAN LAKE」の話です。しつこいですね(笑)。
心の中にはいつも種火が灯っていて、新鮮な空気や燃料が入ってくると、また炎がメラメラと燃え上がる感じがします。

つい最近、強力な燃料がドーンと投入されたのですよ。
新書館の「ダンスマガジン」12月号。
ゴメスと三浦雅士さんの対談、マーニーの単独インタビューが載っていて、読み応え充分!
特にマーニーの言葉にはねぇ。読みながら、そうだよねそうだよねわかってたよ!と悶絶しました(笑)。

で、今また心の中で炎がボーボー萌えて、いや燃えているわけです。


途中から覗いて下さった方は、その1からお読みいただければ、話の流れがわかりやすいかと。えへへ。

★マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その1

★マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その2


ツイッターと違って、ブログは備忘録として書いてますので、何を今さら~な記事も投稿します。
よろしければ、読んで下さる方も思い出しながらおつき合いいただけると嬉しいです。



ゴメススワン&マーニー王子の舞台は、3回観ました。
9月15日、19日、20日。 その時にちゃんとメモを残しておけばよかったんですが、今では15日と19日の記憶はごっちゃになっている感じがします。

15日については、その2で細かく触れましたね~。

19日は、やや後方の席からの観劇でした。
ゴメススワンは、更に人間離れした鳥(魔法の火の鳥)だったよなぁ。
マーニー王子との絆がますます深まって、美しく力強くドラマティックなパフォーマンスでした。

20日は、ゴメス&マーニーの千秋楽。
観る前から「このペアはこれで見納めなのか!」という特別感がこちら側にあったのは確かですが、実際、本当にスペシャルな舞台だったのです。

(続く)
-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ダンス

テーマ: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: マルセロ・ゴメス  クリストファー・マーニー 

[edit]

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その2 

「白鳥の湖」日本公演の千秋楽からちょうど1ヶ月経ちました。

え、何の話?と思われた方は、その1からお読みいただけると嬉しいです。

★マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その1

最初の観劇は、9月15日でした。
今でも印象に残っていることを、書き留めておこうと思います。
見どころはたくさんあるんですが、ゴメススワン(ストレンジャー)とマーニー王子に焦点を当てて。
(完全ネタばれ。新鮮な目でDVDや次回?公演を観たいという方はご注意下さい)



◆第1幕、宮殿やオペラハウスやスワンクバー。
スワンズはほとんど登場しません。孤独な王子が人生に絶望していく様子が描かれます。

マーニー王子を初めて観た時、可愛いなぁと思いました(笑)。パッと見はまだ十代の少年のよう(あとで実年齢を知ってビックリした)。
王子は内気で傷つきやすい夢想家。母親の愛を求めても得られず、重圧に押し潰されそうな不安をお酒で紛らわそうとします。
情けないヘタレっぷりですが、マーニー王子は酔っぱらってもノーブル。
純粋すぎて、この世では生きていけないんじゃないかと思わせる、儚くて危うげな佇まい。

スワンクバーを追い出されて路上でソロを踊るシーン、届かない夢をつかもうと懸命に手を伸ばしているように見えて、私の胸の中で切なさが炸裂しました(笑)。
女王様の代わりに抱きしめてあげたい!(爆)。
マーニーの踊りは繊細でしなやかで美しいんです。
この時点で、へタレな王子が愛おしくてたまらなくなってしまいました。

(続く)

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ダンス

テーマ: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: マルセロ・ゴメス  クリストファー・マーニー 

[edit]

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に思うこと その1 

ブログのほうはすっかりご無沙汰してしまいました。
ツイッターに慣れると、そっちばかりになっちゃって。ちょこちょこ書けるのがいいんですよね。情報も早いし。

久しぶりにブログを書く気になったのは、あるものにハマってしまったからなんです。
舞台やコンサートには今もよく行きます。私にとっては「趣味」と言うより、重要なエネルギー源。「生きる糧」と言ってもいいくらい(ちょっと大げさかな?(笑))。
今年も心が震えるような素晴らしい舞台に、たくさん出会いました。
でも、ここまで引きずられたのは、東宝エリザベートのマテトート以来かもしれません。



マシュー・ボーンの「白鳥の湖 SWAN LAKE 」、ゴメススワンとマーニー王子に心を鷲掴みにされました!
公演が終わって1ヶ月経とうとしている今でも、幸せな記憶を反芻する毎日です。

でも人間の記憶って、あてにならないんですよね。自分の都合のいいように好きなように、脳内で脚色・編集してしまうそうです。
同じ舞台を観ても、観た人の数だけ記憶が違い、感想も違うわけですね。
自分の中でも、時間が経つにつれ変わっていきますし。どこかの時点で書き留めておくことは大事だなと思います。


ゴメスは既にニューヨークに戻り、ABT(アメリカン・バレエ・シアター)のプリンシパルとして踊っています。
一方、ニュー・アドベンチャーズの「SWAN LAKE」ツアーはまだ続き、上海、シンガポールを経て、今はオーストラリアで公演中。マーニーは王子役を踊り続けています。

マルセロ・ゴメスとクリストファー・マーニー。
ダンサーとして今まで接点がなかった(共演はなかったですよね?)二人が、日本で7回だけ一緒に舞台に立ちました。
そのうち、私は3回観たのですが、魂を揺さぶられるような体験でした。

何がそんなに凄かったかという話の前に、作品についてちょっと触れておきますね。

(続く)

-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: ダンス

テーマ: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: マルセロ・ゴメス  クリストファー・マーニー 

[edit]

2013年ありがとう 

今年もいろいろ観に聴きに行きました。
ミュージカルよりコンサートやバレエが多かったかな。
特にバレエは、スペイン国立もベジャールバレエもパリオペラ座もルグリもマラーホフもギエムも来日したんですよねぇ。
他にも重なって観に行けない公演がたくさんあった。いったい東京にどんだけ集中したのかと。
秋の名門オケの来日集中も凄かったな。
観たいものがあり過ぎて、お財布と時間のやりくりが大変な2013年でした。

同じ演目をリピートすることも多いので単純に比較できないんですが、8月が極端に少ない(笑)。
7月の海外旅行の影響かな。あれはほんとに中身の濃~い旅だったから、現実に戻るのに時間がかかったのよね。2013年のメインイベントだった。記録にちゃんと残しておかなくちゃ。
国内遠征は、CHESSコンだけに留めました。

来年はどんな出会いがあるでしょうね。
コンサートや演劇などは、世の中が平和でなければ開催できません。
大きな天災や人災が起きませんように。
海外の人達も安心して来訪できる日本でありますように。

皆さま、良いお年をお迎え下さい。



【2013年月別 劇場通い】

1月
シアタークリエ・フェスティバル「ONE HEART」 シアタークリエ
マテ・カマラス・ライブ 新宿BLAZE
「ブベニチェク・ニューイヤー・ガラ カノン」 オーチャードホール
東京バレエ団「ベジャール・ガラ」 東京文化会館

2月
「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー」 サントリーホール
スペイン国立バレエ団 Aプロ オーチャードホール
スペイン国立バレエ団 Bプロ オーチャードホール
「遠い夏のゴッホ」 赤坂ACT
「ロックオペラ モーツァルト」ルージュ 東急シアターオーブ
「ロックオペラ モーツァルト」インディゴ 東急シアターオーブ

3月
ベジャール・バレエ団「ボレロ他」 東京文化会館
スタジオライフ「続11人いる!」 紀伊國屋ホール
ベジャール・バレエ団「ライト」 東京文化会館
「ノートルダム・ド・パリ」 東急シアターオーブ ※リピート有
「I Love Musical」 グローブ座
小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクト 東京文化会館

4月
Kバレエ「第九」 オーチャードホール
「ルグリの新しき世界」Bプロ 五反田ゆうぽうと
「おのれナポレオン」 東京芸術劇場プレイハウス

5月
「SUPER DUETS」 東急シアターオーブ
マテ・カマラス・ライブ 新宿BLAZE
「マラーホフの贈り物ファイナル」Aプロ 東京文化会館
「マラーホフの贈り物ファイナル」Bプロ 東京文化会館

6月
パリ・オペラ座バレエ団「天井桟敷の人々」 東京文化会館 ※リピート有
「ワイルドホーン・メロディーズ」 オーチャードホール
ダニール・トリフォノフ ピアノリサイタル 東京オペラシティ
「4Stars」 青山劇場 ※リピート有

7月
ハンガリー旅行(マテFCツアー、洞窟コンサート)
宝塚雪組「ベルサイユのばら フェルゼン編」 東京宝塚劇場
「ウィーン・ミュージカル・コンサート2」 東急シアターオーブ ※リピート有

8月
「二都物語」 帝国劇場 ※リピート有

9月
ミラノ・スカラ座特別演奏会 東京文化会館
「Next to normal」 シアタークリエ ※リピート有
ミラノ・スカラ座オペラ「ファルスタッフ」 東京文化会館
ミラノ・スカラ座バレエ「ロミオとジュリエット」 東京文化会館

10月
「DREAM, A DREAM」 東急シアターオーブ ※リピート有
こまつ座「イーハトーボの劇列車」 紀伊國屋サザンシアター
マレイ・ペライア ピアノリサイタル さいたま芸劇音楽ホール
チェコ・フィル演奏会 サントリーホール

11月
NODA・MAP「MIWA」 東京芸術劇場プレイハウス
「ショーシャンクの空に」 サンシャイン劇場
ブッフビンダー&ウィーン・フィル サントリーホール
シルヴィ・ギエム「カルメン」 東京文化会館
ネルソンス&バーミンガム市響&ハーン 東京オペラシティ
「レ・ミゼラブル」 帝国劇場
ギエム&カーン「聖なる怪物たち」 五反田ゆうぽうと

12月
「CHESS in Concert」 東京国際フォーラムホールC ※リピート有
ラファウ・ブレハッチ ピアノリサイタル 東京オペラシティ
ラファウ・ブレハッチ ピアノリサイタル さいたま芸劇音楽ホール
「CHESS in Concert」 梅田芸術劇場メインホール ※リピート有
   
関連記事

カテゴリ: 日々雑感

テーマ: 今日のつぶやき - ジャンル: 日記

[edit]

★ハンガリー旅行記その3 森と湖と古城ホテル 

えーと、また間があいてしまいました。
どこまで書いたっけ?と前を見たら、ホテルに到着したところまででしたね。これじゃ亀の歩みペースだな(笑)。
寒い12月に真夏の旅行記を書くという、何ともマヌケなことになりましたが、アルバムをめくるつもりで続けます。

初めましての方は、よろしければ最初から順番にどうぞ~。

★ハンガリー旅行記その1 いざ出発

★ハンガリー旅行記その2 フィンランド航空とヘルシンキ


=*=*=*=*=*=


それでは、「ハンガリー旅行記その3 森と湖と古城ホテル」へ


7月4日(木)、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めました。
朝に弱い私にしては珍しい(笑)。やっぱり旅先の緊張感があったのでしょうか。
でもスッキリした目覚め。窓の外に、朝の気配、太陽の光を感じたんです。
カーテンを開けてみて、思わず「うわぁ!」と声が出ました。

HU014a.jpg


昨夜ホテルに着いた時は、真っ暗で何も見えませんでした。
こんなに綺麗な中庭があるなんて! あとで散歩に行こう。

HU015.jpg



まずは朝食を。1階のレストランへ向かいます。
階段のステンドグラスが美しい~。

HU016.jpg


HU017.jpg
 

落ち着いた色調のロビーも素敵だわ~。

HU018.jpg


HU019.jpg


ロビーの隅にはチェス盤が!CHESS♪
(これを書いてる今、マテは日本で「CHESS in Concert」の稽古真っ最中!笑)

HU020.jpg


マテの洞窟コンサートのポスターも!

HU021a.jpg


(続く)
-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: マテ・カマラス

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

タグ: マテ・カマラス  ハンガリー  海外旅行 

[edit]

マテ、講演会で語る 

ハンガリー旅行記、マテが来日するまでに仕上げようと思っていたんですが間に合わず。
CHESSコンが始まるまでには何とかしよう(笑)。


11月15日(金)夜、川崎市麻生区の市民館で、マテの講演会(入場無料)が開かれました。
タイトルは「マテ・カマラスが欧州と日本でのミュージカルを謳う ~ハンガリーの視点から見た多文化~」。

真面目な内容なのに、マテ節炸裂で(笑)涙が出るほど笑ってしまいました。
あの面白さはとても私の文章では表せないけれど、記録に残しておきたいと思います。
深夜に呟いたツイートに大幅加筆して、まとめました。
かなり私のフィルターがかかっていますが、雰囲気を感じ取っていただければ嬉しいです。


==*==*==*==


マテと川崎市とどういう繋がりがあるのか不思議に思っていたら、主催団体(多文化共生ネットワークfromあさお)にマテファンの方がいて、ダメもとでオファーしたら快諾されて実施の運びとなったそうだ。なるほど!

開場1時間くらい前から整理券が配られた。
番号順に並んでいたら、誘導係のおじさんに何を見て講演会のことを知ったのかと訊かれた。川崎市のHPを見てこんなに大勢集まったのかと驚いたのだそう。
マテのファンクラブを通じて知ったと答えたのだが、おじさんはマテのことをご存じなかったので、彼のプロフィールについて説明した。
おじさんは納得してくれて(笑)、どんなお話をするのか楽しみですねと言われた。


広い会議室にいっぱいの聴衆。定員200名のところに350を超える応募があり、抽選になったとのこと。
7月のハンガリーツアーに参加した人たちとも再会できた。神戸や大阪や名古屋からやってきた皆さん、さすがだな~。
一般の人はどれくらいいるんだろう。全国から集まったマテファンが半分以上なのかな。
(続く)
 
-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: マテ・カマラス

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: マテ・カマラス 

[edit]

★ハンガリー旅行記その2 フィンランド航空とヘルシンキ 

ハンガリーはEUに加盟していますが、通貨はユーロではなく、フォリントという独自のものを使っています。
成田空港内の銀行や両替店で(扱っていないところもある)、日本円からフォリントに両替できます。
ブダペストの空港でもすぐ両替できますよ、と添乗員さんに言われて、今回は現地で両替することにしました。

日本とハンガリーの間に直行便はありません。どこかで乗り継ぎが必要になります。
4年前に行った時はルフトハンザ・ドイツ航空で、フランクフルトでブダペスト行きに乗り継ぎました。
今回のツアーは、往復ともフィンランド航空ヘルシンキ経由。
ルフトハンザも快適でしたが、フィンエアーもいいですね。日本とヨーロッパを最短最速で結ぶ、という宣伝どおり、乗っている時間が短く感じられました。

HU001.jpg


日本とハンガリーの時差は8時間。7月はサマータイム実施中なので7時間になります。
腕時計の針を7時間戻しました。何だか半日得した気分(笑)。
時計の針を進めたり戻したりする感覚、面白いですよね。
私は国際線に乗るといつも、目的地の時間に時計を合わせています。向こうは今お昼頃だなとか、想像しながら到着を待つのが楽しいんです。

機内では、ウォークマンで好きな音楽を聴いていました。
座席の小さなディスプレイで映画を観ると目が疲れてしまうので、私はほとんど利用しません。フライト情報を見るくらい。

もともと飛行機は苦手。離陸と着陸の時は緊張するし、気流の悪いところで大きく揺れたら目をつぶって無事を祈っています(笑)。
そんな思いをしても、窮屈なシートに長時間縛られても、旅先では「来てよかった!」と心から思えるんですよね。
帰国して時差ボケでぼんやりしながらも、「また行きたい!」と思う(笑)。
旅に出る楽しさは、他に代えられない、特別な魅力がありますよね。
 
苦手な飛行機の中でリラックスする方法、私にとってそれは、音楽を聴くことなんです。
ウォークマンを機内モードにすると、騒音が聞こえなくなって心地よくなります。
これからマテに会いに行くのだもの、曲はもちろんウィーン版「エリザベート」♪
ラミンのソロCDもお気に入り。これを聴くとすごくいい気持ちになるんですよ~。

あとは、ハンガリー語をちょっとおさらいしました。簡単な挨拶はできるように。
海外に行く時は、『旅の指さし会話帳』を持って行きます。このシリーズ、実用的でイラストが可愛くて気に入っています。

皆さんは、機内での長時間をどう過ごしていますか?
自分流の快適な過ごし方、ぜひ聞かせて下さいね。

(続く)
-- 続きを読む --
関連記事

カテゴリ: マテ・カマラス

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

タグ: マテ・カマラス  ハンガリー  海外旅行 

[edit]

tb: -- | cm: 1

★ハンガリー旅行記その1 いざ出発! 

めっきり秋らしくなりましたね。涼しくなってようやく、夏を振り返る余裕が出てきました。
忘れられない思い出になった、今年の夏の旅を書き留めておきます。


7月3日から9日まで、ハンガリーに行って来ました。
ミシュコルツに4泊、ブダぺストに1泊。
なかなか珍しいコースですよね。ミシュコルツってどこ?と友人に訊かれました。
そうだよねぇ、普通は知らないよね。私も全然知らなかった。マテに出会うまでは。

私がマテのファンになった経緯は、このブログに長々と書いています(「マテ・カマラス」のカテゴリにあります)。
ひとことでは言えないんですが、手短かに言うと・・・

東日本大震災の直後に「愛は国境を越えて」を体現するかのように果敢に海を渡って来て男気を見せたかと思うと、可愛らしいニホンゴで笑顔を振りまき、その翌年には麗しくもパワフルなトート閣下となって日本の舞台に再登場し、更に上達した可愛らしいニホンゴで周囲を笑顔にする、タフで優しくてお茶目な日本大好きハンガリー人。
そんなマテに惚れちゃったのです(やっぱり長すぎ~笑)。

いつか日本のファンをハンガリーに呼びたいと、マテはファンミーティングで何度か言っていました。
それが具体的に動き出したのは、彼の画家デビューがきっかけになったのだと思います。
初めての絵画展を故郷のミシュコルツで開催することが決まり、そのオープニングに日本のファンも来て欲しいと、マテ自身がファンクラブ会員のためのツアーを企画したのだそうです。

本人が企画したから、旅行会社のツアーならまずありえないような、ミシュコルツ4泊(!)という旅程になったんでしょうね。
ワタシのふるさとに来て!見て!という気持ちが表れてますよね~。
それはよくわかるんだけど、せっかく行くならブダペスト2泊でウィーンにも足を伸ばすほうがいいなぁ(笑)。

いやいや、そういう観光地なら、これからも行く機会はある。
ミシュコルツには、こんな機会でもなかったら一生行くことはないかも。
マテの故郷ってどんなところだろう。どんな人達に囲まれてるのかな。この目で見てみたい。
それに、マテの画家デビューを一緒にお祝いできたら素敵だな。

ハンガリーには以前1度だけ行ったことがありました。
4年前の夏、合唱団の演奏旅行でブダペストに。ウィーンにも行ったので、慌ただしく短い滞在でした。
どちらの都市も、歴史好き音楽好きにとってはたまらない魅力のある街で、絶対にまた来ようと思ったんですね。
まあ今回は、ブダペストは空港利用のために通過するだけという感じだけど(笑)、ハンガリーにまた行ければ嬉しい。

マテがいるミシュコルツに行ってみたい!という気持ちがフツフツと湧いてきました。
懸案事項はたくさんありましたが、えーい、何とかなる、行っちゃえ!と勢いで(笑)ツアーに参加することを決めました。

バタバタと荷造りをしていた時、ふと思いつきました。
そうだ! ミツコキューピーも連れて行こう。
ミュージカル「MITSUKO」の公式グッズ、和服姿のミツコちゃん。

mitsuQP1.jpg

mitsuQP2.jpg

実物は写真よりもっとちっちゃいんです。前から見ても後ろから見ても可愛いでしょ。
ストラップなんですが、使ったらかんざしとか帯とか取れてしまいそうで。大切にしまっていました。

マテが演じた役ではトートが1番好きだけれど、ハインリッヒにも思い入れがあります。
大好きな瞳子(安蘭けい)さんとの共演だし、マテが初めて日本語で演じた作品だし、大震災を乗り越えた公演だった。

よーし! この子と一緒に海を渡って、ハインリッヒに会いに行くぞ~。
マテはミツコちゃんを覚えてくれてるかな?

忙しすぎて風邪をこじらせてしまい、こんな体調で海外旅行できるのかと不安になりましたが、前日までには何とか回復。
7月3日の朝、成田空港へと向かったのでした。

mitsuQP3.jpg


前置きが長すぎた・・・。その2では飛び立ちます(笑)。
 
関連記事

カテゴリ: マテ・カマラス

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

タグ: マテ・カマラス  ハンガリー  海外旅行 

[edit]

tb: -- | cm: 0

HAPPY BIRTHDAY, MATE ! 

久しぶりの更新です。こんばんは。
最近はずっとツイッターのほうに書き込んでいましたが、これはブログに残しておきたいと一念発起。

ブログって公開しているから誰に読んでもらっても構わないものだけれど、実は書いた本人が1番楽しんでいるのかも。
後になって読み返すと面白いんです。私、こんなこと書いてたんだわ(笑)。

今日は1年前の記事を読み返していました。マテのお誕生日の、ね。

★Happy Birthday マテさん♪(2012年9月21日)

いやぁ、ハマってますね(笑)。この熱さが1年経っても衰えていないのはけっこうスゴイかも。
「ウィーンまでは行かないよ」って書いてるけど、今年行っちゃったんだよね、ハンガリーまで(爆)。

7月に、マテの故郷ミシュコルツに行って来たんです。
その旅行記を書いておきたいと思っています。もう記憶が薄れかけてますが(笑)、今も心に残っていることは書き留めておこうと思います。
スローペースで何回かに分けて書きます。マテに興味のない方にも、海外旅行のご参考になる、かもしれません(笑)。
 
関連記事

カテゴリ: マテ・カマラス

テーマ: 今日のつぶやき - ジャンル: 日記

タグ: マテ・カマラス 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。